現役時代11度対戦 ピクシー6勝 森保5勝

現役時代11度対戦 ピクシー6勝 森保5勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

97年8月、シュートを放つ名古屋ストイコビッチ

日本で大活躍したピクシーこと、ドラガン・ストイコビッチ監督(56)がセルビア代表を率い、11日に森保一監督(52)が指揮する日本代表と11日にノエビアスタジアム神戸で国際親善試合を戦う。

◆ピクシーとポイチ 現役時代にJ1リーグ戦で名古屋グランパスとサンフレッチェ広島の主力として11度対戦し、ストイコビッチ6勝、森保5勝。両者が初めてピッチで顔を合わせたのはストイコビッチの名古屋でのデビュー戦だった94年8月10日の広島戦。2人はともに先発し、前半6分に森保がFKをヒールキックで流して先制点をアシスト。一方のストイコビッチは前半18分に2枚目の警告で退場。森保はフル出場し、試合は広島が4-0で勝った。Jリーグの監督としては12、13年に計4度対戦し、森保監督の広島がストイコビッチ監督の名古屋に1-1、2-1、1-1、1-1と1勝3分け。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加