3か月間お互いを鎖で繋いで愛を確かめるチャレンジを始めたカップル「トイレも着替えも一緒」(ウクライナ)<動画あり>

3か月間お互いを鎖で繋いで愛を確かめるチャレンジを始めたカップル「トイレも着替えも一緒」(ウクライナ)<動画あり>

  • Techinsight
  • 更新日:2021/02/21
No image

一緒に遠出をしたり何かを成し遂げたりと、様々な経験を共にすることで信頼は高まっていくが、このほど愛と信頼を確かめ合うために3か月間、お互いの手を鎖で繋いだまま生活するという驚きのチャレンジを始めたカップルが現れた。2人はわき腹から袖の部分がチャックで開閉できる特製の服を準備し、片時も離れることなく過ごしている。『LADbible』などが伝えた。

ウクライナ在住のアレクサンダーさん(Alexander)とヴィクトリアさん(Viktoria)は、お互いの愛情を確かめるために2人の片手を鎖で繋ぎ合わせ、そのまま3か月生活するというチャレンジに挑戦している。

2人は今月14日のバレンタインデーに、首都キエフにある「統一の像(Unity Statue)」の前でアレクサンダーさんとヴィクトリアさんの手が鎖でしっかりと固定された。

この挑戦の前に2人の精神健康状態も確認したウクライナの国家記録員ヴィタリー・ゾーリンさん(Vitaly Zorin)は「2人の手はわずか数センチほどしか離れていません」と2人の状態を明かしている。

2人は3か月間、食事やお風呂、着替える時でさえ手を離すことはできず、プライベートな時間はゼロだ。そのため2人はわき腹から袖にかけてチャックで開閉できる特別な服を用意したという。

この挑戦を発案したアレクサンダーさんは「これは新たな記録への挑戦です。2人の間には鎖だけではなく、たくさんの目に見えない繋がりがあります。そしてこの挑戦が終われば、公式の記録が私達の信頼関係を繋ぐことになるのです」と意気込んでいる。

2人の挑戦は始まったばかりだが、最初の難関は首都キエフから325マイル(約520キロ)も離れた2人の自宅へ戻る際のトイレ問題だった。500キロというと東京-大阪間ほどの距離で、車での移動は約6時間半かかる。

その間に男性用か女性用のどちらのトイレに入るか悩んだという2人は、女性用のトイレを選んだ。これが許される行為なのか疑問だが、片時も離れることができない2人はこれしか方法が無かったといい、そこにいた清掃員も驚いていたそうだ。

2人は生活の様子を撮影した動画をネット上に公開しており、鎖で繋がったまま専用の服を着る様子やシャワーを浴びる姿が映っている。

ちなみに2人を繋ぐ鎖は簡単には外れないようになっており、もし3か月の間に鎖を外すことになってしまったら救急隊を呼んで特殊な道具で切らなければならないという。

このニュースを見た人からは「だいぶ変わった方法だけど、これが真の愛を示す方法になるかもね」「衛生面が気になる」「他の人だったら人気を得るためだけに5分間だけやりそうだけど、3か月なんてすごい」などのコメントが寄せられている。

https://youtu.be/yNbH_i0gWpU

画像は『LADbible 2021年2月16日付「Couple Chain Themselves Together For Three Months In Ultimate Test Of Love」(Credit: East2West)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加