榮太樓總本鋪で一粒万倍日限定で販売される「一粒万倍もち」とは?

榮太樓總本鋪で一粒万倍日限定で販売される「一粒万倍もち」とは?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/05/14
No image

榮太樓總本鋪は5月14日から、一粒万倍日限定で販売する「一粒万倍もち」を購入した人に、招福を祈願する「一粒万倍絵馬」を進呈する取り組みを開始した。

ジェラート ピケ カフェからパンダのスイーツ3種

「一粒万倍もち」(660円)は、特別契約栽培農作物三ツ星の認定を受けたもち米「マンゲツモチ」使用の餅玉と北海道産こしあんを使用した和菓子。同社では、2022年令和4年 東京神宮館蔵版」に準じ、一粒万倍日限定で、「一粒万倍もち」を販売している。一粒万倍日は、種もみ一粒から1本の稲ができ、1本の稲から万倍もの数のお米が獲れることから、「何かを始めるのに最適な日」「願いが実る日」と言われている。

「一粒万倍絵馬」は、お米の形をした絵馬。めでたい社名で知られる福徳神社(東京都中央区日本橋、別号:芽吹稲荷)で、縁起の良いお参りができるように、「一粒万倍もち」購入者に進呈する。コロナにより不安やストレスが高まっている近年、縁起のよい和菓子を食べ、福徳神社へお参りすることで、願いが万倍にも実るようにとの思いを込めて実施する。福徳神社に吊るした後は、招福を願いお焚き上げを行うという。

「一粒万倍もち」販売店は、榮太樓總本鋪各店(日本橋本店・三越日本橋本店・高島屋日本橋店・玉川高島屋S・C店・京王新宿店)。なお、不成就日と重なる日には販売しない。

フォルサ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加