ホワイトタイガーの”痛い親子愛”が話題 園長は「痛すぎるときは母が怒ってる」

ホワイトタイガーの”痛い親子愛”が話題 園長は「痛すぎるときは母が怒ってる」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/09

(画像提供:宇都宮動物園)大昔の氷河期時代、地球が白く染まっている中で身を隠しやすいのは白い体だった。その環境を生き抜いた動物たちの子孫は、現代にも体を白くする遺伝子を受け継いでおり、「白変種」と呼ばれる。そんな中、ベンガルトラの白変種・ホワイトタイガーの親子愛がSNS上で話題となっている。■体重6キロまで成長宇都宮動物園のホワイトタイガーの赤ちゃんは、母であるシラナミから3月14日に誕生し、現在

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加