媚薬がもたらす激しくも美しい情事...ヤクザの若頭✕勝気な女子大生の危険な恋にハラハラな『恋と弾丸』第5話

媚薬がもたらす激しくも美しい情事...ヤクザの若頭✕勝気な女子大生の危険な恋にハラハラな『恋と弾丸』第5話

  • トレンドニュース
  • 更新日:2022/11/25

人気少女コミックが原作のドラマ『恋と弾丸』(MBS、毎週木曜深夜0時50分~ほか)第5話で、ヤクザの若頭と恋人の女子大生のラブシーンが再び描かれた。媚薬(びやく)によって興奮状態に陥ったヤクザが、本能をむき出しにして女子大生と体を求め合う姿が刺激的......!

No image

『恋と弾丸 第伍話』

媚薬を盛られたヤクザの若頭(古川雄大)が、本能をむき出しにして恋人の女子大生(馬場ふみか)と情事に及び......。ラブシーンの演出が秀逸なドラマ『恋と弾丸』を無料配信中>>

原作は、漫画家・箕野希望の同名人気コミック。ありのままの自分を愛してくれる恋人を探す女子大生・ユリ(馬場ふみか)が、ある事件で自分を助けてくれたヤクザの若頭・桜夜才臣(古川雄大)と危険な恋に落ちるストーリーだ。11月24日深夜に放送された第5話で、桜夜は、自身に歪(ゆが)んだ愛情を向ける高級クラブのホステスに媚薬を盛られてしまった。しかし実は、桜夜はワインに媚薬が入っていることを知っており、「ケジメ」として飲んだのだった。

刺激的な描写が多い漫画が原作なだけあり、実写ドラマ版『恋と弾丸』では、これまで何度も桜夜とユリのラブシーンが描かれてきた。第5話でも、媚薬によって極度の興奮状態に陥った桜夜が、わずかな理性で己を制御する中で、ユリと肌を重ねた。苦しむ桜夜に「大丈夫。私に全部ゆだねて」とユリが彼の服を脱がせるところから始まり、ふたりがいつも以上に激しく体を求め合う姿にドキッとする。官能的なシーンだが、妖しい雰囲気の照明と、バックに咲き乱れる花々、ドラマチックなBGMの演出によって美しく表現されている。

激しくも美しいラブシーンに、Twitter上では、「幻想的な鮮やかな光から一気に白の光が強くなったの、演出に惹(ひ)かれたな~」「桜夜さん、かっこよかった しびれた」「敏感な桜夜さんにキュン」「今週の桜夜さんもめっちゃかっこよかった〜! めっちゃドキドキした」といった声が続出している。

媚薬を盛られたヤクザの若頭(古川雄大)が、本能をむき出しにして恋人の女子大生(馬場ふみか)と情事に及び......。ラブシーンの演出が秀逸なドラマ『恋と弾丸』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加