DeNAオースティン、ベンチ外れる 9日左太もも裏の違和感で途中交代

DeNAオースティン、ベンチ外れる 9日左太もも裏の違和感で途中交代

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

西武対DeNA 練習に出てきたDeNAオースティンは入念に太ももをストレッチする(撮影・浅見桂子)

<西武-DeNA>◇10日◇メットライフドーム

前日の試合で左太もも裏の違和感で途中交代したDeNAタイラー・オースティン外野手(29)がベンチから外れた。登録抹消にはなっていない。

三浦大輔監督は練習前、「今日の練習を見て、動きを見てから」と試合出場の判断基準を示していた。その上で状態について「肉離れというほどではないと、トレーナーから報告があった。大事に至らなかった。疲れもたまっているところ。ひと安心」と話していた。

試合前の練習では、ランニング系のメニューは行わなかった。フリー打撃では18スイングで2本の柵越えを放った。

9日の西武2回戦(メットライフドーム)の4回、一塁走者として本塁生還した際、左太もも裏に違和感を訴えていた。この試合は指名打者で出場しており、次の打席で代打と交代していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加