UFC 276を頂点に第10回インターナショナルファイトウイークが開催!

UFC 276を頂点に第10回インターナショナルファイトウイークが開催!

  • UFC JAPAN
  • 更新日:2022/06/25
No image

UFCファイトナイト・オースティン:オクタゴン【アメリカ・テキサス州オースティン/2022年6月18日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC)】

第10回を数えるUFCインターナショナルファイトウイークが現地時間(以下同)2022年6月28日(火)から7月3日(日)にかけて開催される。ラスベガス・コンベンション・センター南ホールやT-Mobileアリーナ、リゾート・ワールド・ラスベガスなど、ラスベガスのあちこちでイベントが実施される予定だ。

UFCインターナショナルファイトウイークの目玉となるのはUFC殿堂のインダクションセレモニーや完全にインタラクティブな形で2日間にわたって行われるUFC Xだ。1週間近くにわたって行われるセレブレーションのクライマックスには高い期待を集める『Modelo(モデロ)』提供のUFC 276:アデサニヤ vs. キャノニアが控えている。UFC 276は7月2日(土)【日本時間7月3日(日)】にT-Mobileアリーナで実施される。

6月30日(木)19時30分からはT-Mobileアリーナで『Toyo Tires(トーヨータイヤ)』提供のUFC殿堂インダクションセレモニーを開催。毎年行われるこのイベントではジョン・アニックがホストを務め、UFCの方向性に助力し、総合格闘技(MMA)界で目を見張るような業績を残した貢献者やアスリートを表彰する。チケットの売上はすべて“UFC Foundation(UFC基金)”に贈られる。また、このセレモニーの様子はUFCファイトパスでライブ配信される。

6万平方フィート(約5,574平方メートル)以上におよぶUFC Xは、さらに進化したUFCによる人気のファンエキスポだ。以前から行われているファンの体験コーナーにはより幅広いブランドとパートナーによるアクティビティやライブでのステージプログラム、Eスポーツのトーナメント、規模が大きくなったサインセッションが盛り込まれる他、アスリートの参加も以前より多くなっている。それらのすべてが、UFCチャンピオンや殿堂のメンバー、ランキング上位のコンテンダー、その他のUFC関係者とファンの間に、他ではできないつながりを生じさせる。

UFC Xは7月1日(金)と2日(土)の9時から17時に、ラスベガス・コンベンション・センター南ホールで開かれる。制作を請け負ったのは世界的な文化マーケティングエージェンシーの『160over90』だ。

UFC Xに参加したファンはUFCストアで限定商品を購入することができる。また、ブランドパートナーである『Air Force(エアフォース)』、『Battle Motors(バトル・モータース)』、『Dapper Labs(ダッパーラボ)』、『ESPN+』、『GameDay Ready(ゲームデー・レディー)』、『Howler Head(ハウラー・ヘッド)』、『Hyperice(ハイパーアイス)』、『Jose Cuervo(ホセ・クエルボ)』、モデロ、『Panini(パニーニ)』、トーヨータイヤ、『UFC Gym(UFCジム)』などの数々のアクティビティに参加可能だ。

『Las Vegas Convention and Visitors Authority(ラスベガス・コンベンション・アンド・ビジターズ・オーソリティ)』はUFCと提携し、アマチュアのトーナメントである“Ultimates Invitational(アルティメット・インビテーショナル)”を開催。UFC Xに隣接する会場で、6月23日(木)から7月3日(日)にかけて、下記の競技が行われる。

国際ブラジリアン柔術連盟:2022年アメリカン・ナショナル柔術選手権(6月30日から7月2日)
USAボクシング:USAボクシング承認2022年バトル・ボーン・ショーダウン(7月1日から7月2日)
USAウェイトリフティング:2022年ナショナルチャンピオンシップ(6月23日から7月3日)

世界からインターナショナルファイトウイークの舞台であるラスベガスに集まるファンたちは、UFC 276:アデサニヤ vs. キャノニアを頂点として、公式計量セレモニーや記者会見をはじめとする数々のライブエンターテイメントを堪能できる。

さらに、3,506の客室を誇る“UFCインターナショナルファイトウイーク公式パートナー“であるリゾート・ワールド・ラスベガスは、3つの公式パーティーと1つのコンサートを主催。

また、7月3日(日)にはUFCがスーパースターのコーチとファンに人気のアスリートたちからなる4チームによるグラップリングのトーナメント、UFCファイトパス・インビテーショナル2を開催。サブミッションオンリー、引き分けなしの試合によって、優勝賞金2万5,000ドル(約3,367万円)を懸けた戦いが行われる。参加チームはホルヘ・マスヴィダル率いるiKon MMA、アンソニー・ペティス・ファイティング・チャンピオンシップ(APFC)、ユライア・フェイバー率いるA1 Combat、ジェームス・クラウスが主催するファイティング・アライアンス・チャンピオンシップ(FAC)だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加