【インビジブル】DAIGO演じるハッカー・ラビアンローズ、警察との異色タッグにネット沸騰

【インビジブル】DAIGO演じるハッカー・ラビアンローズ、警察との異色タッグにネット沸騰

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/14
No image

ラビアンローズと鑑識課が異色タッグ、意気投合ぶりに反響【写真:(C)TBS】

専門用語で盛り上がる2人に「めっちゃ盛り上がってて草」

俳優の高橋一生が主演を務めるTBS金曜ドラマ「インビジブル」(午後10時)の第5話が13日に放送された。

(以下、ドラマの内容に関する記述があります)

同作は、高橋演じる刑事・志村貴文と女優の柴咲コウ演じる犯罪コーディネーター・キリコが異色のタッグを組む犯罪エンターテインメント。「正義」の代表である刑事と、「悪」の代表である犯罪コーディネーターが手を組み、世に知られていない本当の「正義」と見えざる「悪」の正体をあぶり出す。裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する“インビジブル”と呼ばれるキリコ。「警察が存在すら知らない凶悪犯“クリミナルズ”」の存在を明かし、これまでの未解決事件の情報を教える代わりに手を組むよう志村に取引を持ちかけた。

今回はキリコの知人でハッカーのラビアンローズ(DAIGO)と、警察の鑑識課・近松延武(谷恭輔)が意気投合。“正義と悪”がタッグを組み、行方をくらませたキリコの居場所を突き止めた。

志村はキリコの居場所を探るため、まずはハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に接触を試みる。そのため鑑識課の近松延武(谷恭輔)に頼み、ラビアンローズの居場所を割り出した。志村に居場所を突き止められたラビアンローズは、「ありえない!私が痕跡を残すわけがないじゃない!」と驚く。志村が「警察は警察で腕のいいやつがいるんだ」と話すと、「あら、興味あるわね」と関心を示す。志村が盗難車の痕跡を調べるよう依頼すると、最初は拒否したラビアンローズ。しかし「さっき言ってた腕のいい人、会える?」と、近松と会うことを条件にハッキングを引き受ける。

ハッカーと共に盗難車の痕跡を調べることになった近松。警察がハッカーと手を組むことに抵抗を示すも、ラビアンローズのハッキングスキルに「これってもしかして暗号化したJavaScriptを解析してるんですか?」と目を輝かせる。「僕ちゃん、こういうの初めて?」と問うラビアンローズ。嬉々として専門用語で会話する2人は意気投合。ついて行けない志村にラビアンローズは、「おっさんにはチンプンカンプンでしょうね!」とにらみをきかせた。「これどうやって使うんですか?」と教えを乞う近松に、ラビアンローズは「教えてあ・げ・る」とほほ笑んだ。2人は見事な連携でハッキングを成功させ、キリコの居場所を突き止めた。

ラビアンローズと近松のタッグにSNS上では、「めっちゃ盛り上がってて草」「意気投合しちゃってる」「初めての共同作業(笑)」と反応が。また「ローズ~!とても良いです!近松を狙っている~!」「やはり専門分野話せる人と盛り上がるの楽しいよねー」といった声も挙がっている。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加