開業の西九州新幹線に乗り継ぎ 博多駅を「リレーかもめ1号」が出発

開業の西九州新幹線に乗り継ぎ 博多駅を「リレーかもめ1号」が出発

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/09/23
No image

"鐘ケ江理恵・博多駅長の合図で出発した「リレーかもめ1号」=2022年9月23日午前6時、福岡市博多区のJR博多駅、横川結香撮影"

西九州新幹線(武雄温泉―長崎)開業の23日、JR博多駅では午前6時、新幹線と乗り継ぐ在来線特急「リレーかもめ1号」が武雄温泉駅(佐賀県)に向けて出発した。この列車の指定席は満席。ホームでは、一番列車の出発を見届けようと乗客や見物客でにぎわった。

「最短」の西九州新幹線きょう開業 満席の一番列車、各駅で出発式

出発式では、博多駅の鐘ケ江理恵駅長が「出発!」と右手を挙げて合図を出すと、列車は徐々に速度を上げて走り出した。鐘ケ江駅長は「九州をもっともっと元気にするために頑張ってまいります」と決意を語った。

広島市の小学4年、関家碧斗さん(10)は両親と一緒に乗車した。小さな頃から電車が大好きで、リレーかもめの一番列車に乗るために前日から福岡市に入った。そのまま新幹線に乗り継いで長崎駅(長崎市)に行くといい、「長崎に着いたら市電にたくさん乗りたい」と話した。

リレーかもめは博多―武雄温泉駅を1日上下44本で運行する。新幹線「かもめ」と武雄温泉駅の同じホームで乗り換えできる。(横川結香)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加