石川佳純「やりやすい雰囲気で試合できる」“史上初開催”アメリカの観衆も味方に<世界卓球2021>

石川佳純「やりやすい雰囲気で試合できる」“史上初開催”アメリカの観衆も味方に<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/25
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間24日、世界選手権は2日目を迎え、女子シングルス2回戦に石川佳純(全農)が登場し、ゲームカウント4-0で3回戦進出を決めた。

石川が試合後、報道陣の質問に答えた。

石川佳純コメント

No image

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

試合の振り返り

相手選手は昨日1試合やってますし、(私は)初戦なので出足しっかりという気持ちで。1ゲーム目取られそうになったんですけど、落ち着いてプレーできたので、1ゲーム目を取れたことで4-0で勝てたと思います。

相手選手のサービスが取りづらくて、バックハンドがすごい威力があったので、プレッシャーをかけられた(ので1ゲーム目競った)かなと思います。

全体的にプレーとしては結構良かったと思います。初戦ですし、サービスレシーブでしっかり得点していけたので、途中から自分のペースになって、メンタル的にも落ち着いてプレーできました。

バックハンドが良かった

五輪の時よりもバックハンドはもっと自信を持って振っていこうと思っているので、そこは五輪の反省も活かしてやっていきたいと思います。

初めてのアメリカの世界選手権

アメリカでは初めて試合するので、観客がどれくらいな感じなのかなと不安だったんですけど、たくさんの方が見てくれて、温かい、やりやすい雰囲気で試合できるので、1回でも多くコートに立てるように頑張りたいです。

直前に同じコートで戦っていた張本選手の敗戦

見ていました。プレッシャーがやっぱりすごくかかってたんだと思います。相手選手は失うものがないから、プレーにでてきますし、プレッシャーかかってたんだろうなと思ってました。世界ランクも高いし、みんな向かってくると思うので。

自身も向かってこられる立場だが

大きい大会になればなるほど何が起こるかわからない。張本君の試合を見てもそう思うので、改めて引き締めて試合をしました。

五輪後初の国際大会が世界選手権

五輪の後の1回目の国際大会が世界選手権というのは初めてですし、国際大会は今すごく少ないので、プレーできる楽しさは今まで以上に感じています。

お客さんの前でプレーできること

やっぱり嬉しいです。試合を近くで応援してもらったり、見てもらったりするのは、選手にとって嬉しいことだなと思いましたし、五輪も無観客でテレビを通して応援してもらったんですけど、観客の前でプレーするのはやっぱり楽しいなと思いました。

女子シングルス2回戦

〇石川佳純 4-0 Ayhika MUKHERJEE(イタリア)
14-12/11-5/11-4/11-7

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加