藤波貴久、引退を表明...バイクトライアル、日本人初の世界チャンピオン

藤波貴久、引退を表明...バイクトライアル、日本人初の世界チャンピオン

  • レスポンス
  • 更新日:2021/09/15
No image

レプソル・ホンダ・チーム 藤波貴久選手

もっと画像を見る
2004年に日本人初となるトライアル世界選手権チャンピオンを獲得した、レプソル・ホンダ・チームの藤波貴久選手が、今シーズン限りの引退を発表した。

藤波貴久選手は、1980年三重県生まれの41歳。3歳からモトクロスを始め、自転車トライアルなども経験した後、1993年には13歳で全日本トライアル選手権に参戦し、1995年には最年少の15歳で全日本トライアル選手権のタイトルを獲得している。

翌1996年から世界選手権に参戦開始し、1997年のドイツ大会では史上最年少の17歳237日で初優勝を果たす。1998年には世界選手権ランキング5位を獲得すると、1999年から2003年まで5年連続で世界選手権ランキング2位を獲得し続け、2004年には日本人初となるチャンピオンに輝いた。

その後も2017年まで21年連続でランキングトップ5入りという大記録を樹立している。今シーズンは開幕戦イタリア大会の2日目に、自身5年ぶりの優勝を41歳151日の最年長優勝記録で飾っている。今週末に開催されるポルトガル大会が、藤波選手にとっての通算355戦目であり、最後のトライアル世界選手権への参戦となる。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加