ペットショップにいる犬の真実。残酷な繁殖現場を浮き彫りにしたアイルランドの慈善団体

ペットショップにいる犬の真実。残酷な繁殖現場を浮き彫りにしたアイルランドの慈善団体

  • PR EDGE
  • 更新日:2023/01/25

アイルランドの首都ダブリンに拠点を置く慈善団体・Dogs Trust Irelandは、ヨーロッパ最大級の子犬の繁殖が行われている同国においてその実態を浮き彫りにしつつ、批判した動画「Puppy Farms are a Life Sentence(子犬の繁殖場は終身刑と同じである)」を公開し、短いながらも一生変わることのない場所での末路を映すことでその酷さを訴えました。

アンディ・ウィリアムズの名曲“It’s The Most Wonderful Time of The Year”とともに幕を上げる動画は、2018年のクリスマスから2021年のクリスマスまでをスピーディーに振り返るような構成になっています。画面の中央には常に子犬が配置されており、さまざまな子どもやカップルに迎え入れられてきた犬が主人公であることがわかります。

No image
No image

2022年になると、今まで登場してきた犬がどこから来ていたのかという本題に切り込み、明かりすら付いていない劣悪な環境が映し出されると、その中心にいた子犬が拾い上げられ、出荷のために男性の腕に包まれます。そして、「子犬の繁殖行為は終身刑に等しい、残忍な行為です。わたしたちと一緒に悪徳業者への懲罰をより深刻なものにしましょう」という生々しいナレーションとともに幕を下ろします。

No image

ペットショップに並ぶ子犬がどこから来たのか、その真実を明るみに出すことで根本的な解決を目指したいという姿勢をアピールするとともに賛同者を募りました。

その他のCSR事例についてはこちら https://predge.jp/search/post?genre=28 会員登録、メルマガの受信設定はこちら https://predge.jp/

PR EDGE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加