チェルシー、歴史上最高の「5名のFW」

チェルシー、歴史上最高の「5名のFW」

  • Qoly
  • 更新日:2021/05/06
No image

今週半ばにUEFAチャンピオンズリーグの準決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦する予定となっているチェルシー。

今回は『Sportskeeda』から「チェルシーの歴史上最も素晴らしかった5名のFW』をご紹介する。

ジミー・フロイト・ハッセルバインク

No image

ジミー・フロイト・ハッセルバインクは、両足で素晴らしいシュートを放つことができ、強靭な体を持ち、そして見事なスピードを備えていたゴールスコアラーであった。

2000年にアトレティコ・マドリーから2000万ポンドで加入したとき、かつてリーズで活躍していたことから期待は高かった。それに十分答えるようなプレーを見せて初年度からチェルシーのエースに。

4シーズンで177試合に出場し、87ゴールを奪取。とくに1年目は23得点でプレミアリーグのトップスコアラーとなった。2004年に退団後はミドルズブラ、チャールトン、カーディフでプレーして2008年に現役を引退している。

ジエゴ・コスタ

No image

彼はチェルシーで長いキャリアを歩んだわけではない。しかしプレミアリーグでプレーしていた3シーズンのうち、起用されていたときには必ず結果を残してきた。

彼の才能は決して疑問視されたことがない。ディエゴ・シメオネ監督が率いたアトレティコ・マドリーで素晴らしいシーズンを過ごし、3400万ポンドでチェルシーへとやってきた。得点力だけでなく、その激しい態度はしばしば相手にとってやりにくい選手となった。

2回のプレミアリーグ優勝を経験した彼は120試合で59ゴールを奪取。ただアントニオ・コンテ監督との衝突によってチームへの合流を拒否し、2018年1月にアトレティコ・マドリーへと復帰していった。

ジャンフランコ・ゾラ

No image

ジャンフランコ・ゾラは純粋なストライカーではなかったが、彼の攻撃能力は魔法が織り込まれたものであり、チェルシーのファンを驚かせた。

セリエAでナポリとパルマのためにプレーした彼は1996年に550万ポンドでチェルシーに加入。セカンドストライカーとして高い技術力、ドリブル、そして繊細なパスを見せつけた。圧倒的な成功率を誇るフリーキックも素晴らしかった。

チェルシーで全公式戦311試合に出場して80ゴールを決めた。クラブの歴史上でも最高の選手の一人であるとみなされている。

ピーター・オスグッド

No image

チェルシーの最高傑作の一人であるピーター・オスグッド。スタンフォード・ブリッジで10年間プレーし、栄光を享受した。

1964年にチェルシーでデビューし、若いストライカーとして影響力を与えた。「オズの魔法使い」という愛称もつけられたエースは、289試合に出場して105ゴールを記録。退団後はサウサンプトン、ノリッジ、フィラデルフィア・フューリーでプレーし、1979年に引退した。

2006年に心臓発作を起こして死去したあと、チェルシーは本拠地スタンフォード・ブリッジの外に彼の銅像を建てている。

ディディエ・ドログバ

No image

チェルシーがロマン・アブラモヴィッチ氏による買収で世界最大のクラブの一つとなったあと、間違いなくクラブ史上最高のストライカーであるディディエ・ドログバが重要な役割を果たした。

【写真】チェルシー、歴史上最高の「ベストイレブン」

2004年にマルセイユからやってきた彼は「究極のビッグゲームプレーヤー」だった。得点数が最高だったわけではないが、とにかく重要な試合で結果を残した。

全公式戦で381試合に出場して164ゴール。プレミアリーグで4回優勝を果たし、2012年にはチャンピオンズリーグでも優勝を果たしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加