<熊谷小4ひき逃げ>証拠品紛失で書類破棄、見た者なしも犯行特定 理由は...取り調べ担当した元警部が証言

<熊谷小4ひき逃げ>証拠品紛失で書類破棄、見た者なしも犯行特定 理由は...取り調べ担当した元警部が証言

  • 埼玉新聞
  • 更新日:2021/09/15
No image

さいたま地裁=さいたま市浦和区高砂

2009年に埼玉県熊谷市で小学4年の小関孝徳君=当時(10)=が死亡した未解決のひき逃げ事件で、県警が紛失した孝徳君の腕時計に関する捜査書類を破棄したとして、公文書毀棄(きき)の罪に問われた、県警交通捜査課の元警部補(63)の第8回公判が6日、さいたま地裁(任介辰哉裁判官)で開かれた。

証人として、当時取り調べを担当した県警交通捜査課課長補佐だった男性元警部が出廷。腕時計を含む11点が記載された書類を元警部補が裁断破棄した姿を見た者はいなかったとし、犯行を特定した理由について「本人の自白を基に、書類を作成したパソコンの履歴、周辺への聞き取りから」と証言した。

起訴状などによると、ひき逃げ事件の発生当時から県警交通捜査課の警察官として孝徳君の事件を担当していた元警部補は、証拠品として押収していた腕時計の紛失が発覚することを免れるため、15年9月、証拠品に関する書類2通をシュレッダーで破棄したとされる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加