中国軍機が多数飛行 与那国島で漁業中断 台湾近海演習きょうは

中国軍機が多数飛行 与那国島で漁業中断 台湾近海演習きょうは

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/08/06
No image

中国軍による、台湾を取り囲む形での大規模な軍事演習は2日目に入った。

台湾の対岸にある中国・福建省では、5日、上空を飛ぶ軍用機が見られ、市民らが写真を撮影していた。

台湾国防部はこれまでに、中国の軍用機68機と軍艦13隻が台湾周辺で訓練したと明らかにした。

また、中国は台湾海峡の現状を変えることを目的としていると非難した。

台湾を取り囲む形で4日に始まった大規模な軍事演習は、弾道ミサイルが台湾上空を通過し、一部は日本のEEZ(排他的経済水域)に落下した。

こうした中、弾道ミサイルの落下海域に近い、沖縄県の与那国島では、漁協が、夜明け前から漁に出ている漁船に対し、速やかに港へ戻るよう呼びかけた。

漁に出ていた人「戦闘機よ、すごいな。ずっと飛行機が飛んでいるよ。沖で見たので、20機くらいいたんじゃないか。同じ飛行機がずっとぐるぐる回っていた」

漁協は当初、軍事演習期間中も漁を続ける方針だったが、8月8日まで漁の自粛を決めた。

漁協「日本は、はっきり言ってなめられているでしょ」、「なんか弱腰というか...」

国に対し、漁場の安全の早期確保と漁業補償を求めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加