東映・岡田裕介会長が死去 71歳、急性大動脈解離、父は故岡田茂氏

東映・岡田裕介会長が死去 71歳、急性大動脈解離、父は故岡田茂氏

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/20
No image

岡田裕介氏=6月撮影

東映会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名剛=つよし)さんが18日午後10時58分、急性大動脈解離のため東京都内の病院で亡くなったことが20日、分かった。71歳。京都府出身。

岡田氏は1949年生まれ。父は「仁義なき戦い」(1973年)など任侠映画を大ヒットさせた東映名誉会長の岡田茂氏。

慶応大学在学中の1969年にスカウトされ、テレビドラマ「レモンスカッシュ4対4」で俳優デビュー。その後、プロデューサー業に転じ、1990年に東映東京撮影所長。02年から社長、14年から東映グループ会長を務めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加