ロシアの「国際犯罪組織」ワグネル、ウクライナ侵略にとどまらない暗躍の全容 --- 古森 義久

ロシアの「国際犯罪組織」ワグネル、ウクライナ侵略にとどまらない暗躍の全容 --- 古森 義久

  • アゴラ
  • 更新日:2023/01/25

国際的な活動拡大で「反米連合」形成、米国は追加制裁へ

米国政府が1月20日、ロシアの民間軍事会社「ワグネルグループ」を「国際犯罪組織」に指定した。その結果、米国政府による同会社への各種制裁はさらに強化され、同社のウクライナへの侵略だけでなく、北朝鮮、イラン、中国など反米国家との取引にも今まで以上に厳しい監視の目が向けられると予測される。

米国政府の今回の措置は、ワグネルがロシアでの影響力を増し、ロシア政府のウクライナ侵略を強く扇動していることと、ワグネルが国際的な反米連帯網との接触を広めてきたことへの対応だとみられている。

ワグネル側の総責任者は米国のこの措置に対して、すぐに「我々がどんな罪を犯しているか明示してほしい」と挑戦的な書簡を送ったという。

No image

ワグネルへの制裁を国際的に拡大

米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官は1月20日、ウクライナでロシア軍の侵略を支援しているロシアの民間軍事企業ワグネルグループを国際犯罪組織に指定し、同社に対してすでに実施している米国政府の制裁をさらに国際的に拡大する、と発表した。

続きをJBPressで見る

アゴラ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加