関西ジャニーズJr.今江大地&河下楽、名作コメディに意気込み「笑ってもらえるように」

関西ジャニーズJr.今江大地&河下楽、名作コメディに意気込み「笑ってもらえるように」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/07
No image

関西ジャニーズJr.の今江大地、河下楽が7日、東京・有楽町のオルタナティブシアターにて、舞台『ラン・フォー・ユア・ワイフ』の公開ゲネプロ・質疑応答に出席した。

今江大地、イギリスの名作コメディ舞台で主演に「笑いはまかせて」

この日開幕した同舞台は、世界で愛され続ける海外戯曲を上演するユニット「SHY BOYプロデュース」第3弾公演。今回は、イギリスの笑劇王レイ・クーニーによる名作シチュエーション・コメディを上演する。

綿密なスケジュール調整で二重生活を続ける主人公のタクシードライバー・ジョンを今江、 ジョンの住むアパートの住人スタンリーを河下、ジョンに翻弄される2人の妻メアリーとバーバラには新垣里沙と緒月遠麻、さらにお笑いコンビ・流れ星☆のちゅうえい、WAHAHA本舗の我善導、清水順二(30-DELUX)らが出演する。

主演の今江は、ゲネプロの感想を聞かれると「とても不安で緊張していましたが、楽しかったです。本番も頑張ります」とコメント。2つの家庭を持つジョンについては、「最初ありえへんなと思いました。嫌なやつだと思っていたんですけど、実は勘違いで、断れない、いいやつ、弱い情けないヤツでもあるのかなと思いました。最初好きじゃなかったんですけど今は好きです」と話した。

本格的な外部出演は初めてとなる河下は「信じられなくて、何回も聞き直しましたが、現実で。こんなに大きい仕事をもらったからには絶対にヘマをしてはいけないという気持ちで今まで生きてきました」と心境を告白。ゲネプロは「心から楽しめました」と笑顔を見せた。

今江は、河下について「もともと帰り道が一緒で仲良くて、『一緒に頑張ろうな』って。僕はちょっとだけ先輩なので、ちょっとだけお兄ちゃんになろうかなと思いました」と少し照れくさそうにコメント。最後に「みなさんに笑ってもらえるように精一杯頑張ります」と本番への意気込みを語った。

同公演は、4月7日~14日に有楽町・オルタナティブシアターにて、4月23日~25日に名古屋・ウィンクあいちにて、4月27日~28日に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加