マツダ「MX-30 EV MODEL」は居住性が良すぎる“走るマイルーム”だ

マツダ「MX-30 EV MODEL」は居住性が良すぎる“走るマイルーム”だ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/05/02
No image

マツダ/MX-30 EV MODEL(試乗車の価格は506万円)

昨年創業100周年を迎えたマツダ。コンパクトSUVの「MX-30」は、これからの同社100年の門出に相応しいSUVでした。そして早くもMX-30のバリエーションモデルとして、新しい力を宿した車両が登場しました。それが「MX-30 EV MODEL」です。

次の100年にふさわしいEVモデルが誕生

昨年10月26日、菅義偉首相が国会の所信表明演説の中で、日本政府として初めて2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にするとの政策目標を掲げ、同年12月8日に小池百合子東京都知事は、都議会代表質問で、都内の新車都内で新車販売される乗用車について、2030年までにガソリンエンジンだけの車をなくし、すべて電気自動車(EV)もしくはハイブリッド車(HV)などの「非ガソリン車」(電動車)にする新たな目標を明らかにするなど、脱炭素社会の流れは一気に加速。

No image

東京都のZEV普及プログラム。2030年までにインフラを整備することを表明している

これに合わせて東京都の環境局は、2025年のインフラ整備目標として、都内に公共用充電器を5000基設置、2030年までに急速充電器1000基、水素ステーション150ヵ所設けるというZEV(Zero Emission Vehicle)普及プログラムを既に表明しています。

さらに東京都は21年度からEVとPHVに対し45万円の助成金を受け取ることができるとのこと。さらに国からも最大42万円のクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金が出ます。じつに合計87万円の「GoTo脱炭素車」キャンペーンが開催されているのです。

化石燃料を力と官能に変える愛すべき内燃機関ですが、政府による大キャンペーンと知ると、次は電気自動車かなぁという気持ちに。さらに実際に触れてみると、エコのイメージが強いためか、走りは期待できないと思いきや「静かでトルクフルな走りのよさ」「アクセルペダルの動きに対してダイレクトに反応するフィーリング」が実に魅力的。クルマはこれからも私達を楽しませてくれそうです!

No image

マツダ/MX-30(ハイブリッドモデル)

MX-30 EV MODELについて話を戻す前に、MX-30の話を少し。現在マツダはCX-3、CX-5、CX-8というサイズ違いのSUVのほか、立体駐車場にも好適な全高1550mm以下のCX-30、そしてこのMX-30という5種類のSUVをラインアップしています。こんなに作ってどうするの? と思いますが、もちろんMX-30を出すには相応の理由があるのです。それは、従来とは異なる「新しい価値」の提案。というのも、一般的なクルマ選びというと「BセグメントSUV」というような枠やカテゴリーの中から、A社はこうだけどB社は……という形で車を選びます。もしくは「C社のラインアップの中でBセグメントSUVはコレ」みたいな。それに対して、マツダは「自分らしさ」という新しい提案を考えました。それって何? というと、使い勝手や居心地のよさでクルマを選ぶというもの。

No image

マツダ初の女性主査に任命された竹内都美子さん

このコンセプトを考えたのは、同社としては初の女性主査である竹内さん。なるほど、いわゆる女性目線での考え方なのかなと思ったのですが、むしろそう捉えられるのが嫌で、単純に居心地のよいクルマとは何かというのを追及されたとのこと。たとえばインテリアは、既存のマツダ方程式にモダンリビングのエッセンスを取り入れたような作りこみだし、一見奇をてらったように思える観音開きのドアも、チャイルドシートに子供を座らせる時にはとても便利。

竹内さんによると「今までにないコンセプトということもあり、完成までに4年以上の月日がかかりました。ほかのクルマよりも長いのではないでしょうか? それゆえ、新たな100年に向けた第1弾になりました。もともとそのような計画はなかったのですが……」なのだとか。触れれば触れるほど、よく考えられた1台だなぁと感心しきり。そんなMX-30のレポートは、矢田部明子さんの記事をご参照ください(観音開きのSUV、マツダ「MX-30」は生活に彩りを与えてくれる車だ!)。実に次なる100年の扉を開く、素晴らしいパッケージに仕上げられていると思います。

No image

MX-30 EV MODELのフロントマスク

No image

MX-30 EV MODELのサイドビュー

No image

観音開きドアを開いたところ

No image

MX-30 EV MODELのリアビュー

さて。ようやくEV MODELの話です。竹内さんによると、マツダ初のEV車になることは、開発の途中で聞かされたとのこと。では、マツダ初のモーター駆動パワーユニットe-SKYACTIVを見るべく、ボンネットを開けてみましょう。

No image

MX-30 EV MODELのボンネットを開けたところ

No image

e-SKYACTIVパワーユニットは、やや運転席側に寄せてマウントされている

No image

e-SKYACTIVパワーユニットの様子。右側に大きなスペースが設けられている

え? これだけ? という驚きのコンパクトぶり。厳密に言えば、見えているのはDC-DCコンバーターやインバーターで、モーターはその下に置かれています。出力は145馬力/27.5kgf・m。ちなみにハイブリッドモデルは、エンジン出力156馬力+モーター6.9馬力、トルクはエンジン20.3kgf・m+モーター5kgf・mなので、ほぼ同等といえそう。つまり、これだけのコンパクトさでパワー不足を感じることはないというわけです。となると、助手席側の空いているスペースは何? と思うかもしれませんが、これは来年発売予定の発電機搭載モデルのためのもの。ちなみに発電機はロータリーエンジンを予定しているのだとか。

No image

MX-30 EV MODELのメーターパネルより。バッテリー残量75%の段階で149km走ることができるとのこと。なお平均電費は5.4km/Kwhとのこと

気になるのは航続距離。カタログを見るとWTCLモードで256km。搭載するバッテリーも35.5kWhで「少なくない?」と誰もが思うところ。これには当然理由があり、一つは日常使いで不安のない容量だと判断したから。つまりシティ・コミューターとして考えているというわけです。これは既発売のHonda eも似た考え方でした。もう一つはLCA(ライフ・サイクル・アセスメント)との考え方に基づいているというもの。LCAって何ぞや? というと、製品のライフサイクル全体(資源採取―原料生産―製品生産―流通・消費―廃棄・リサイクル)における環境負荷を定量的に評価する手法のこと。そこでMX-30 EV MODELは、クルマの生涯におけるCO2排出を考えた時、現在のMAZDA3のディーゼルエンジン搭載モデルと同じCO2排出量になるのが35.5kWhだったとのこと。今後、バッテリー技術や生産工程におけるCO2排出量の技術革新があった時は、バッテリー容量を増えるのでしょう。

No image

MX-30 EV MODELの充電ポート

外観はまったくもってMX-30そのもの。強いて相違点を見つけるとしたら、充電ポートが給油口とは反対側にある程度。これは来年登場する発電機搭載モデルのことを意識した設計といえるでしょう。

No image

MX-30 EV MODELの運転席側ドアを開けたところ

No image

レザーとファブリックからなるシートは座り心地がよい

No image

MX-30 EV MODELの室内

No image

MX-30 EV MODELのメーターパネル

No image

MX-30 EV MODELのシフトレバー。手前のシャトル・ジョグダイアルはディスプレイオーディオ(カーナビ)用

No image

センターコンソールは二階建て構造

No image

下段のトレイボックスにはUSBポートを2系統設ける

No image

運転席右側のスイッチ類。トラクションコントロールやパーキングセンサーのオンオフなどができる

No image

後席の様子。足元は意外と広い

No image

後席のドアだけを開けることは不可。必ず後席側を閉めてから運転席側を閉じなければならない

No image

運転席シートの背面には、後席用のシート移動スイッチが設けられている

No image

トレイ等にコルク材が用いられている

No image

Bluetooth経由で音楽再生したところ。アートワークはグレースノートから引っ張ってくるようだ

No image

カーナビ画面を表示させたところ

室内は基本的にMX-30を同じ。電源ボタンを押してジョイスティックタイプのシフトレバーをDレンジに入れれば走りだします。マツダらしく操作系が全車横断で統一されていることに好印象。強いて言うなら個人的にジョイスティック系なら、パーキングのポジションはボタンにしてほしいと思った以外、操作系に不満はありません。

またEVながら、ことさらエコを強調する表示であったり、各所に青や緑のステッチを多用していない点も好感。さらに加飾パーツとして、最近ありがちなカーボンではなくコルクを使っている点にも注目。マツダはもともと東洋コルク工業でしたからね。ちなみにコルク材は樹脂で固められているので、経年変化にも強いのだとか。風合いがよいだけでなく、明るく温かい印象を与えてくれます。

それでは居心地のよいクルマで街に繰り出してみたいと思います。はたしてマツダ初のEV車の走りはいかに?

巨体を軽々走らせるモーターのパワー そしてモーターゆえの静粛性で居心地良し

No image

MX-30 EV MODEL

いきなり結論じみた話をすると、「居心地のよい空間に、さらに静寂さが加わり、まるでお気に入りに部屋が移動しているみたい」というのが、マツダMX-30 EV MODELの総評。ハイブリッドモデルに触れた時でも、新しい価値を想像するというコンセプトは感じていたのですが、音や振動、走行性能といった面のレベルが高く、MX-30が目指した世界観がEV MODELで結実したといえるでしょう。もちろんハイブリッドモデルも魅力的ですヨ。

No image

MX-30 EV MODELはブリヂストン製タイヤを履く

EVに目がいきがちですが、自分の中で最初に驚いたのは、街乗りベストバランスと言いたくなるほどの足の良さ。縦剛性の高いブリヂストンタイヤゆえ、路面の凹凸を細かく拾うため乗り心地に硬さはあるのですが、それを考えても乗り味は上々。でありながらSUVモデルとしては珍しく、運転の楽しさ、マツダ流に言うところの「人馬一体」が得られるから。さらに動きの滑らかさと柔らかな質感が実に心地よく、まるで自分を軸にしてスーッとクルマが向きを変えて、アクセルを踏むとスムーズに加速していくのです。当たり前のように思えるでしょうけれど、このレベルが途方もなく高く、現行国産コンパクトSUVのほぼすべてを試乗しましたが、このスムーズな乗り味やクルマの動きは初めての経験。

「エンジンからモーターに変えたことで、フロントの重量が軽くなったのが要因かな?」と思ったのですが、どうやらそれだけではない様子。マツダによると「車両運動制御技術G-ベクタリング コントロール(GVC)はモーターのトルク特性を活かして、より幅広い領域で最適な前後荷重移動を実現するe-GVC Plusへと進化。前後・左右・上下方向のG変化をシームレスにつなげることで、これまでになく滑らかな車両挙動を実現した」のだとか……。とにかく、素晴らしいということだけはよくわかりました。

こうなると、積極的に運転を楽しみたいという気持ちになるというもの。モーターペダルを踏んで加速、ブレーキを踏んで減速するのですが、このブレーキフィールもまた良いではありませんか。モーター回生による減速コントロールが実に自然で、ペダルフィールもフェザータッチで違和感皆無。モータードライブの車両では、ワンペダル動作に対応する車種が多いのですが、このMX-30 EV MODELでは見送られた理由がわかりました。これはポルシェ・タイカンでも言えるのですが、減速する楽しみを味わってほしいというメーカーの自信の表れ、メッセージなのでしょう。EVらしいトルクフルな走りは、パワー不足を感じることなく、車列をリードする実力十分。クリープ走行の速度が思いのほか速いこと以外、不満はまったくありません。

No image

ステアリングホイールに設けられたパドルスイッチ

No image

パドルスイッチを操作すると、Dの横に回生量を現わす矢印マークが点灯

お楽しみ機能も用意されています。それはステアリングに設けられたパドル。これは回生エネルギー量をコントロールするもので、いわゆるエンジンブレーキのような使い方ができます。設定は5段階で、通常は3段階目に設定されています。ではエンジンブレーキ変わりに使うのはわかったけれど、回生を弱めるとどうなるの? というと、いわゆるスポーツモードのようなフィーリングへと変化。車速が落ちづらくなるばかりか、モーターペダルのツキがよくなったような感覚に。バッテリー残量を気にしなければ、これで走り続けたい気分! オススメは4段階目で、結局ノーマルに戻さず、そのままで乗り続けてしまいました。

No image

横羽線(上り)を走る筆者

No image

制限速度でクルーズコントロールをオンにした様子

街乗りを楽しんだら高速道路に乗りたくなるもの。そこでツイスティーで路面が荒れ気味の首都高横羽線へ。合流加速も上々で不満ナシ。車速が伸びても車体は安定しているのは、底面にバッテリーがあるから。路面の継ぎ目も切れ味よく乗り越えていく実力の持ち主です。右手のボタンを操作して運転支援をセット。前走車追従は他社に比べるとやや長めの様子。レーンキープも上々で、ロングクルーズも快適に過ごせることでしょう。となると、航続距離がもう少し長いと……という欲深い気持ちに。

【まとめ】行政の補助を利用すればかなりオトク 居住性も走行性能も問題ナシ

No image

e-SKYACTIVのエンブレム

No image

試乗車の価格やスペックシート

走行距離が300kmに満たないため、遠出するには心細い部分があるのは確か。高速道路に設置されている急速充電器では、バッテリー容量の最初の航続距離は稼げても、一般的な30分の急速充電では充電できる量がたかが知れています。来年エクステンダーモデルが登場する予定ですが、EVですので油脂類の交換をほとんど必要としないばかりか、行政の「GoTo脱炭素車」キャンペーンを利用すれば、400万円代中頃になるので、多少お求めやすくなるかもしれません。

No image

リアゲートを開けたところ

No image

ラゲッジスペースは広く、シートを倒してもフラットになるので使い勝手がよい

No image

ラゲッジスペースに設けられた充電キット

No image

充電ケーブルを取り出したところ

No image

充電機は200V専用。200V端子の端子は多種多様なので、設営時には要確認すること

他社のEVと比べ、荷室容量や居心地のよさの面で群を抜いて魅力的。一方、400万円クラスのSUVと比べると、収納面では劣りますが、静寂性の面と取り回しのよさで圧倒します。もちろん「もう少し安くなると……」という思いはありますが、現時点でも魅力的な選択肢といえるのではないでしょうか? 新たなる100年の扉を拓いたMX-30 EV MODEL、ぜひチェックしてください。

No image

マツダの新時代を切り拓くMX-30 EV MODELから目が離せそうにない

■関連サイト

MAZDA MX-30 EV MODEL

栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加