写真で見る ライカM11 5年ぶりに一新されたM型ライカ 外観比較とメニュー画面を掲載

写真で見る ライカM11 5年ぶりに一新されたM型ライカ 外観比較とメニュー画面を掲載

  • デジカメ Watch
  • 更新日:2022/01/14
No image

ライカカメラ社が1月21日に発売するレンジファインダーカメラ「ライカM11」の外観とメニュー画面の写真をお届けする。ファームウェアが最終ではない状態とのことで、製品版では細部が変更となる可能性もある。ブラック(アルミ外装)とシルバー(真鍮外装)の2色展開のうち、今回はブラックをメインに撮影した。

外観

No image
No image
No image

外観は、一見してM型ライカのどの機種なのか判別が難しいほど、伝統的なスタイリングを保っている。ライカM(Typ240)やライカM10を使ってきた人であれば、軽くなったブラックカラーを手にした瞬間に「軽い!」と驚くはずだが、外観で見分けるにはホットシュー部分の「LEICA M11」という刻印が最もわかりやすいかもしれない。

No image

ライカM11とライカM10の比較(シルバー)

No image

よく見るとトップカバーの形状が結構違う

No image
No image
No image
No image

付属のシューカバーは樹脂製。ホットシューは奥に外付けEVFとの通信用端子がある

No image

ベース感度がISO 64になったため、ISO感度ダイヤルにも「64」が加わった

No image

アルミ製のトップカバーには耐傷性のあるペイントを施している。マットな質感で、サラサラとした感触

No image

背面モニター部にはゴリラガラスを採用。より映り込みを抑えるコーティングとなった。写真は白いLEDライトを当てたところ

No image

参考:ライカM10の背面。3.0型のモニターがトップカバーとベースプレート部分に食い込んでいる。ライカM11は2.95型となりシェル部分の幅に収まった

背面操作部は、近年のライカカメラに共通するシンプルさ。削除ボタンもない。アクセスランプは背面左手側のMENUボタン下から、背面右手側の十字キー付近に移動。ファインダー接眼部の下にあった輝度センサーは接眼部の右側に移動している。

No image

背面左側はボタンが3つ。ライカM10シリーズと同じだが並び順が異なる

No image

サムホイールと方向キーの組み合わせは従来通り。サムホイールがプッシュ操作に対応したのが新しい

No image

シャッターボタンわきに増えたボタンは、カメラ前面にあったフォーカスボタンが移動してきたもの

底面は従来と明確な違いがある。ベースプレートがなくなり、USB Type-C端子が備わった。これによりUSB充電・給電やiOS端末との有線接続が可能になった。

No image

ライカM11の底面

No image

底面のレバーを操作すると、少しだけバッテリーが飛び出る

No image

飛び出たバッテリーを少し押し戻すと、ロックが外れて抜き取れるようになる

No image

SDカードスロットが備わる。ライカM11では新たに64GBの内蔵メモリーも搭載

No image

参考:ライカM10の底面。ベースプレートを外し、バッテリーを抜いたところ

【速報】ライカM11を触ってきました。デジカメ Watch記者の実機レポート

ライカM11では測光をCMOSセンサーのみで行うように変更されたため、マウント内部に違いが見られる。測光方法は変わったが、2段式シャッターボタンによる「AEロック/露出計作動→レリーズ」の撮影操作に変更はない。

No image

マウント内部の測光センサーがなくなった

No image

幕面反射を利用しなくなったため、シャッター幕も黒一色

No image

距離計のコロなどには違いが見られない

No image

参考:ライカM11(左)はマウント内部がかなりすっきりしており、ライカM10(右)と比べると差は明らか。あんなレンズやこんなレンズを付けたい人(※自己責任)は夢が広がるかも?

付属品

No image

バッテリーチャージャーとバッテリー

No image

バッテリーチャージャーもUSB Type-C端子を採用

No image

iOS端末と有線接続するための「Leica FOTOS」ケーブル

No image

ライカM11とLeica FOTOSアプリを有線接続するための専用品で、カメラの充電などには使えない

ビゾフレックス2

別売の外付けEVF「ライカ ビゾフレックス2」を装着した。ライブビューを背面モニターに表示した状態で接眼すると、アイセンサーにより自動的に表示先がEVFへ切り替わる。スクエアな形状が外付けEVFとしては新鮮。たっぷりとしたサイズのおかげか、接眼光学系の品位も高そうな印象だった。

ライカM10世代のビゾフレックス(Typ 020)との主な違いは、GPS機能を省略した点、金属外装になった点、約236万ドット→約370万ドットに高解像度化した点。上90度までチルトできる点は共通。

No image

ライカM11に装着したところ

No image
No image
No image
No image

メニュー画面

MENUボタンを1回押すと、まず情報表示の画面が出てくる。下部に並んだアイコンをタッチすると、その項目の設定画面に遷移する。背面モニターの高解像度化もあり、日本語表示がキレイになったと感じる。

No image

MENUボタンをさらにもう1回押すと、メインメニューの1ページ目が表示され、押すごとに2ページ目、3ページ目と進んでいく。近年のデジタルカメラではメニュー画面が50ページを超える機種もある中で、全5ページというメニュー構成は圧倒的に少ない。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

ドライブモード

No image
No image

ISO感度は64-50000を選択可能

No image
No image

装着レンズの焦点距離に応じた自動制御も可能

No image

ライカM11の特徴のひとつ。RAWデータの記録サイズを60MP/36MP/18MPから選べるため、高解像度が必要なければ1,800万画素機の感覚でも使えるという

No image
No image

JPEGも記録解像度を選択可能。“RAWは18MPで同時記録JPEGは60MP”といった設定は不可

No image
No image
No image

測光方式。どれを選んでもCMOSセンサーを使った測光になるため、カメラの電源をオンにするとシャッターは開きっぱなしとなる

No image

最高1/16,000秒の電子シャッター撮影に対応

No image

SDカードと内蔵メモリーの振り分け設定。デュアルスロット的にも使えるという

No image
No image
No image
No image

通信関係の設定

No image
No image
No image

Bluetooth機能も内蔵(2022年後半のアップデートで利用可能に)

No image

アップルのMFi認証

No image

再生画面のメニュー。わかりやすい日本語になった

No image

6bitコードがないレンズを使う場合に扱う項目

No image

新搭載の「レンズリスト」で所有レンズにチェックを入れておくと、レンズ交換時にリストから探す手間が軽減される

No image

トリ・エルマーは引き続き焦点距離ごとに要選択

No image

Rレンズも同様のリストを用意

本誌:鈴木誠

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加