「遺族に対し申し訳ない」飯塚被告が控訴しない意向

「遺族に対し申し訳ない」飯塚被告が控訴しない意向

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・池袋で車が暴走して親子2人が死亡した事故で禁錮5年の実刑判決を受けた飯塚幸三被告が控訴しない意向を固めた事が分かりました。飯塚被告は「本当に申し訳ない気持ちだ」と話しているということです。

判決が出た日、遺族はこう呼び掛けていました。

妻と娘を事故で亡くした松永拓也さん:「控訴する権利は被告人にはありますけど、きょうの判決を受けてもう一度、自分自身に問い掛けてほしい」

おととし4月、池袋で乗用車が暴走して9人が負傷、母子2人が死亡した事故で今月2日、東京地裁は車を運転していた飯塚幸三被告に対して禁固5年の実刑判決を言い渡しました。

飯塚被告は、これまでの裁判で「車に何らかの異常があり、加速した」と無罪を主張していましたが、判決では…。

裁判長:「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込み、そのまま踏み続けた過失で事故を発生させた」

そして、裁判長は飯塚被告に対して責任・過失を認めて遺族に真摯に謝るべきと語り掛けました。

亡くなった松永真菜さんの父・上原義教さん:「きょうの判決を聞いて自分は誤った考えをしていたと。それを受け止めて頂いて…心からの謝罪をしてほしい」

この時、飯塚被告は無言のままでしたが、控訴期限を16日に控えるなか、控訴しない意向を固めたことが分かりました。

15日朝、飯塚被告は犯罪加害者の家族を支援するNPO法人の理事長と面会し、「遺族に対して本当に申し訳ない気持ちだ」「裁判所の決定に従う」などと話したと言うことです。

また、弁護士にもその意向を伝えていて、検察側が控訴しなければ禁固5年の実刑が確定する見通しです。

遺族の松永拓也さんは「報道で知ったが、まだ控訴期限を過ぎていないので、何か申し上げることは控えさせてほしい」と話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加