「デジモン」より聖騎士型デジモン「オメガモン」がビッグスケールでフィギュア化決定ガルルキャノン、グレイソードを展開した姿で展示中

「デジモン」より聖騎士型デジモン「オメガモン」がビッグスケールでフィギュア化決定ガルルキャノン、グレイソードを展開した姿で展示中

  • HOBBY Watch
  • 更新日:2022/06/23

【DYNACTION オメガモン】

11月 発売予定

価格:29,700円(税込)

No image

6月23日にリニューアルオープンした「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」では、BANDAI SPIRITSコレクターズ事業部の魂ネイションズブランドの新商品、参考展示品が多数公開される。

その中でひときわ存在感を放つBANDAI SPIRITSのフィギュアブランド「DYNACTION」シリーズ新商品「DYNACTION オメガモン」が展示されている。

No image

「DYNACTION オメガモン」

「デジモン」シリーズに登場する聖騎士型デジモン「オメガモン」。劇場作品「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」にて初登場した究極体で、ウォーグレイモンとメタルガルルモンが善を望む人々の強い意志によって融合し誕生した。

劇中ではネットワーク世界に現れたデジモン(クラモン)が究極体へと進化を遂げ、コピーを続け増殖するディアボロモンと戦った。

絶望的な状況をひっくり返す圧倒的な強さでディアボロモンのコピーを倒し、オリジナルにとどめを刺すなど活躍の時間はわずかなものだったが強烈なインパクトを残した。その後のアニメシリーズにも、13体の聖騎士型デジモンに与えられる称号「ロイヤルナイツ」を持つ個体などが登場した。

今回「DYNACTION」で立体化され、その巨大感やデザインが細部まで作りこまれている。

No image

立っているだけでも存在感を放つ「DYNACTION」シリーズ。劇場作品の「オメガモン」は主人公の八神太一と石田ヤマトを肩に乗せるほどの大きさだった

ヒロイックなデザインに加え、右腕のガルルキャノン、左腕のグレイソードと砲撃と斬撃もこなす強さ、威厳たっぷりなマントとカッコ良さが詰まっている。

胴体は厚い胸板と細い腰や足のラインとスマートな印象だが、両腕の大きさや元となったウォーグレイモンとメタルガルルモンの意匠を感じさせるデザインの絶妙なバランスが魅力的。

「DYNACTION オメガモン」は「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」に近いデザインとなっており、その絶妙なデザインバランスも再現されている。

そして、マントは布製で臨場感抜群の演出となっている。

No image

スマートな胴体は支柱によって支えれている

No image

胸の部分に可動箇所が確認できる

No image

細い足は鎧を身に纏ったような印象

No image

あおり視点はよりダイナミックな印象に

No image

左腕の「グレイソード」にはデジ文字が施されている

No image

肩には勇気の紋章が煌びやかゴールドで彩色されている

No image

右腕のガルルキャノンは巨大な砲身をむき出しに

No image

右肩のスパイク状のパーツなどもメタリック塗装で存在感を放つ

頭部も3本の角や大きな瞳が造形され、デジモンらしいカッコよさが表現されている。

目元は平面的な彩色ではなく、瞳部分が造形され少し浮きあがった造形となっている。これによってどの角度から見ても瞳が埋もれたような印象が軽減されている。

No image

瞳部分が浮き上がった造形となっている

No image

平面な顔ではないため、瞳を少し出すことで視線が自然なものとなっている

No image

正面から見てもキリッと引き締まった表情

台座にも円形にデジ文字が施されている。支柱の根元は2点で支えている。

特大スケールな分、その重量や保持力が気になるDYNACTION オメガモン。続報に期待が高まる。

No image

台座にはデジ文字が施され、デジモンの世界観が表現されている

吉田航平

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加