「クラフトボス」で手になじむ新ボトル採用

「クラフトボス」で手になじむ新ボトル採用

  • 日本食糧新聞電子版
  • 更新日:2021/02/22

サントリー食品インターナショナルは「クラフトボス」コーヒーシリーズを大刷新し、3月23日から全国で発売する。エンボスの“ボコボコ”とした質感による手なじみの良さを感じられる新ボトルを新たに採用するなど、見た目も味も一新し、テレワーク拡大など、多様化する“現代の働く人の相棒”として、寄り添っていく。

発売から5年目を迎える「クラフトボス」シリーズは、2017年の発売から2020年までの累計販売本数が24億本を突破している。

今回、デスクワークにとどまらない“現代の働く人の相棒”として、新ボトルを開発し、デザインを刷新した。中身がさらに見えるようにラベル幅を短かくし、ボトルそのものにブランドロゴのエンボス加工を施すことで、「クラフトボス」ならではのガラス瓶のようなクリアさを強化している。さらに、ボトルをスリムにすることで、持ち運びに便利な形状へと改良した。加えて、エンボスの“ボコボコ”とした質感により手になじみ、今まで以上に愛着を感じられるようなデザインに仕上げた。

No image

「クラフトボス」コーヒーシリーズを大刷新

中身も刷新する。「クラフトボス」らしさの象徴ともいえる“満足感がありながらも、すっきり飲み続けられる味わい”をさらに進化させる。

「クラフトボス ブラック」は、新たにコーヒーの抽出工程を改良しさらにクリアで香り高い味わいに仕上げた。「同 ラテ」は、乳原料のブレンドのバランスを改良、コクや満足感がありながら、すっきりとしていて飲み飽きない味わいを楽しめる。「同 微糖」は質のよい最高等級豆を独自に選別・抽出した「特製エスプレッソ」を増量することで、コーヒーの香りとコクを強化している。

今回の大刷新に合わせ、WebやSNS、TVCM、店頭プロモーションなど、大々的なマーケティング活動を展開し、大刷新した「クラフトボス」コーヒーシリーズを訴求していく。

投稿「クラフトボス」で手になじむ新ボトル採用日本食糧新聞電子版に最初に表示されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加