中津川市のリニア車両基地、工事安全を祈願 JR東海

中津川市のリニア車両基地、工事安全を祈願 JR東海

  • 岐阜新聞Web
  • 更新日:2021/10/14
No image

JR東海は14日、岐阜県中津川市千旦林に整備するリニア中央新幹線中部総合車両基地の安全祈願式を建設予定地で行い、関係者約50人が工事の無事を願った。

車両基地は全長約2キロ、最大幅約400メートルで、造成面積約50ヘクタール。車両の留置や検査の機能を持つほか、新車両の組み立てや車両のオーバーホールを行う工場が整備される。

祈願式にはJR東海の新美憲一執行役員、青山節児中津川市長らが出席。新美氏は「工事の安全はもとより、環境の保全に配慮しながら地域の皆さんとも連携をしっかり取って進めていく」とあいさつした。

今後、トンネル工事の発生土などを使って盛り土の性状を把握した上で、来年度以降、本格造成工事に入る。

リニアの車両基地は東京・品川―名古屋間のうち、中津川市と相模原市の2カ所に整備される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加