ソフトバンク・栗原が先制7号3ラン 先発石川を強力援護

ソフトバンク・栗原が先制7号3ラン 先発石川を強力援護

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

ソフトバンク・栗原陵矢

「ソフトバンク-西武」(1日、ペイペイドーム)

ソフトバンクが初回に3点を先制した。

5試合ぶりスタメンの2番川島が二塁打、4番中村晃が四球を選び2死一、三塁として5番栗原が左翼のホームランテラスへ7号3ラン本塁打を放った。

ソフトバンク先発の石川は今季3勝負けなし。2018年8月7日の登板から3年越しで自身8連勝中だ。強力援護をもらった「負けない右腕」は直後の二回表を中村、栗山、源田を3者連続三振に仕留める快投。ギアをさらに一段階上げたようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加