【園田FCスプリント結果】高知の10歳馬ダノングッドが5馬身差突き抜け連覇

【園田FCスプリント結果】高知の10歳馬ダノングッドが5馬身差突き抜け連覇

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/06/25
No image

高知のダノングッドが園田FCスプリントを連覇(撮影:稲葉訓也)

23日、園田競馬場で行われた第12回園田FCスプリント(3歳上・重賞・ダ820m・1着賞金500万円)は、押して3番手を追走した多田羅誠也騎手騎乗の1番人気ダノングッド(牡10、高知・別府真司厩舎)が、直線に入って突き抜け、最後は2着の5番人気ダノンジャスティス(セ6、高知・別府真司厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは48秒9(稍重)。

さらに1.3/4馬身差の3着に7番人気ブレイクフリー(牝6、兵庫・高馬元紘厩舎)が入った。なお、3番人気イズジョードリーム(牡4、兵庫・小牧毅厩舎)は6着、2番人気メイプルグレイト(牡7、兵庫・大山寿文厩舎)は7着に終わった。

勝ったダノングッドは、父Elusive Quality、母マイグッドネス、その父Storm Catという血統。同レースは連覇で、重賞は通算7勝目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加