大阪桐蔭が神宮大会初優勝 松尾2発4打点、決勝で広陵との打ち合い制す

大阪桐蔭が神宮大会初優勝 松尾2発4打点、決勝で広陵との打ち合い制す

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/11/25
No image

神宮大会に出場した大阪桐蔭の選手たち (C)Kyodo News

【第52回・明治神宮野球大会】
● 広陵 7 - 11 大阪桐蔭 ○
<11月25日 高校の部・決勝>

明治神宮野球大会・高校の部の決勝戦が25日に行われ、近畿代表の大阪桐蔭(大阪)が中国代表の広陵(広島)を下し、神宮大会初優勝を決めた。この結果、来春センバツの明治神宮大会枠は近畿地区に与えられる。

大阪桐蔭は3回、4番・丸山の右前2点適時打、6番・田井の右前適時打などで4点を先取。続く4回は3番・松尾が3ランを左翼席へ運び7-0とリードを広げた。その後、広陵の反撃を受けたが、5回以降も小刻みに加点。7回は松尾のこの試合2本塁打4打点目となる左越えソロで2ケタ10得点に乗せた。

先発の別所はピンチを招きながらも3回無失点。4回から登板した2番手・川井が5点を失ったが、その後は小刻みな継投で広陵打線の反撃を凌ぎ、最後は注目の1年生左腕・前田が締めた。

広陵は8点を追う5回、一気に6安打を集中し5得点。その後も1年生4番・真鍋の左越え適時二塁打などで粘り強く反撃したが、投手陣が失点を重ね計11点を失った。

【動画】神宮大会初Vの瞬間! 大阪桐蔭ナインはマウンドで歓喜

⚾️第52回 明治神宮野球大会⚾️
【高校の部👑決勝👑】 #大阪桐蔭 11 - 7 #広陵

秋の高校日本一に輝いたのは
🎊「大阪桐蔭高校」🎊

悲願の明治神宮野球大会
初優勝を果たしました‼️

#バーチャル高校野球 」で
試合詳細をチェック🎥 https://t.co/QVI83sOItl #高校野球 #明治神宮大会 #神宮大会 pic.twitter.com/wSg2RBylPe
— バーチャル高校野球 (@asahi_koshien)
November 25, 2021
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加