吉村知事 23日にも兵庫・京都と今月末の解除要請へ 両知事の「判断尊重したい」

吉村知事 23日にも兵庫・京都と今月末の解除要請へ 両知事の「判断尊重したい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

大阪府の吉村洋文知事

大阪府の吉村洋文知事が22日、大阪府庁で会見。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言について、国に対して2月末で解除要請する方針を決めたが、足並みをそろえたいとする兵庫県、京都府に対しての考えを改めて示した。

吉村氏は「それぞれの知事の判断を待ちたい。そして、その判断を尊重したい」とした上で、「(両知事が)緊急事態宣言を段階的に解除し、感染対策と社会経済を両立すべきとなれば、明日(23日)にでも3者会議を開きたい。明日かあさって(24日)にでも開きたい。(解除すべきと)判断された段階で日程調整をしたい」と明かした。

3府県による国への正式要請も23日か24日に行いたいとした。大阪府は19日に宣言期間の3月7日を待たずに、解除要請を行う方針を決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加