シートの「あんこ抜き」ってなに?どんなメリットがあるの

シートの「あんこ抜き」ってなに?どんなメリットがあるの

  • バイクのニュース
  • 更新日:2022/05/14

バイクシートのカスタム方法「あんこ抜き」とは

バイクを運転する際にライダーが座るバイクのシートですが、人によっては形が合わず、運転に支障をきたしたり乗り降りに不自由を感じたりする場合があります。

【画像】様々あるバイクシートの形状を画像で見る(6枚)

そういった際に有効なのが「あんこ抜き」。あんこ抜きとは、一体どんなカスタムなのでしょうか。

No image

様々あるバイクのシート形状

本来は、小豆を煮詰めてペースト状にしたものを「あんこ」といいますが、今回の「あんこ」は、バイクシートの中身であるポリウレタンのこと。メーカー純正のバイクシートは、バイクのジャンルや機能性を追求した素材やデザインが採用されていますが、運転をするライダーそれぞれの体格に合わせて作られているわけではありません。

そこで、バイクシートのポリウレタンを削ったり、えぐったりして量を減らし、シートの形状や車高をライダーに合わせて加工、調整することを、あんこ抜きといいます。

長時間バイクを運転するライダーにとってシートの座り心地は大変重要なため、座り心地や運転姿勢の改善が期待できるあんこ抜きは、それぞれのライダーの体格に合わせたシートポジションに近づけられる有効な手段です。

一方で、あんこ抜きはシートを直に削るため修正が効きづらい点や、ポリウレタンを抜きすぎるとクッション性が失われて、逆に座り心地が悪化する可能性があるなど、デメリットも存在します。また、シートを薄くすると足つき性は改善するものの、ステップとの距離が近くなり、ひざの曲がる角度が深くなるなど、ライディングポジションがとりにくくなる場合もあります。

さらに、足つき性を改善するためにシートを薄くすることで座る位置が低くなり、重心位置が変化して、バイクのハンドリングに悪影響が出る可能性も考えられます。つまり、安易にあんこ抜きをすると、逆に運転しにくいバイクシートができあがる可能性があるため、作業をする前にどんなシートに座りたいか、しっかりとイメージしてから取り掛かることが重要です。

あんこ抜きは自身でやった方が良い?

あんこ抜きをする場合は、自分でやった方が良いのでしょうか。

No image

バイクシートの「あんこ」はポリウレタン

あんこ抜き作業は、シートを覆っているレザーを剥がし、ウレタンを削って、もう一度レザーで覆うという流れになります。その作業そのものは単純ですが、シートのポリウレタンを削る作業には技術が必要な上に、前項で述べたように失敗してもやり直しはできません。

さらにライダー自身であんこ抜きをすると、店に依頼するよりも作業費用が抑えられるメリットはありますが、工具や技術が必要です。それらを考慮すると、バイクのシートを自身に合わせたものにする為には、バイクシート加工を専門にしている店やカスタム専門店に依頼するのが適切でしょう。

ちなみに、店に依頼する場合はあんこ抜きだけではなく、「あんこ盛り」も可能なほか、バイクシートのショックの吸収を高めたり、純正シートの表面をオリジナルのレザーに張り替えたりなど、さまざまなオプションを追加できる場合もあります。

料金は店舗やシートの形状、作業内容によって異なりますが、相場は2万円ほど。気になる人は、あらかじめ依頼する予定の店舗に確認してみましょう。

Peacock Blue K.K.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加