広島GK大迫敬介がビッグセーブ連発!! ゴール遠い浦和、ACL挟んで3戦連続0-0ドロー

広島GK大迫敬介がビッグセーブ連発!! ゴール遠い浦和、ACL挟んで3戦連続0-0ドロー

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/13
No image

[5.13 J1第13節 浦和 0-0 広島 埼玉]

J1リーグは13日、第13節を行い、浦和レッズサンフレッチェ広島の一戦は0-0の引き分けに終わった。浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を挟んで5試合連続ドローで、3試合連続のスコアレスドロー。ゴール前の決定機はいくつも作ったが、広島GK大迫敬介の度重なるスーパーセーブに阻まれた。

浦和はACL明け初のホームゲーム。前節の敵地・柏戦(△0-0)から2人を入れ替え、MF柴戸海とMF江坂任に代わってMF伊藤敦樹とMF小泉佳穂が入った。対する広島は前節の鹿島戦(○3-0)と同じスターティングメンバー。MF野津田岳人をアンカーに置く3-1-4-2の攻撃的布陣を引き続き採用した。[スタメン&布陣]

立ち上がりは一進一退の攻防。広島はハイプレッシャーをかけてくる浦和に対し、DF佐々木翔を中心に最終ラインからボールをつなぎ、攻撃を前進させる。浦和もMF伊藤敦樹とMF平野佑一のダブルボランチ、トップ下の小泉が要所に顔を出して攻撃を組み立てると、前半10分にはFWアレックス・シャルクが積極的なミドルシュートを放ち、GK大迫敬介を強襲した。

試合が動いたのは前半17分だった。浦和は敵陣左サイドからのFKをDF馬渡和彰がゴール前に送り込むと、鋭く回転のかかったボールは惜しくも味方に合わなかったが、そのままゴール右隅に吸い込まれた。ところが、ここでVARが介入。オフサイドポジションにいたDF岩波拓也が野津田をブロックしたままボールにアプローチしており、オンフィールド・レビューの末にゴールは取り消された。

命拾いした広島は前半20分すぎ、野津田のミドルシュートが古巣大戦のGK西川周作を強襲。セットプレーから厚みのある攻撃を繰り出すと、FWナッシム・ベン・カリファの鋭い突破でチャンスを作り出す。一方の浦和は同28分、小泉の巧みなターンから一気に前進し、パスを受けたシャルクが強烈なミドルシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。

広島は前半42分、MF満田誠が伊藤のタックルを受けてボールを失うも、即時奪回からカウンター攻撃をスタート。MF森島司のパスにMF藤井智也が抜け出し、FWジュニオール・サントスがシュートを放った。だが、これは相手DFがブロック。こぼれ球を自ら拾ったサントスは再びシュートを狙うも、これも西川に阻まれ、前半はスコアレスで終えた。

広島は後半開始時、ベン・カリファに代わってMF松本泰志を投入。システムを3-4-2-1に変更した。その後は浦和が主導権を握るが、広島もFWジュニオール・サントスにボールを集めて迫力のある攻撃を展開。粘り強く対応した浦和は同11分、シャルクがファウルを受けてクイックリスタートすると、MF関根貴大の突破からFWダヴィド・モーベルグがビッグチャンス。しかし、強烈なシュートはGK大迫敬介のスーパーセーブに阻まれた。

広島は後半25分、中盤でのボール奪取から松本が攻め上がり、果敢なミドルシュート。だが、これは西川に横っ飛びで阻まれ、こぼれ球に詰めた満田はオフサイドだった。対する浦和は同27分、DF明本考浩のパスが前線に入ると、途中出場のFWキャスパー・ユンカーとFW江坂任のコンビで局面を打開。しかし、ユンカーの決定的なシュートはまたも大迫のビッグセーブに阻まれた。

広島は後半34分、藤井のスルーパスに松本が抜け出し、目の前に迫る相手の意表を突いて浮き球のクロスボールを配球。大外からMF柏好文が飛び込んだが、叩きつけたボレーシュートはバウンドしてゴールの上に外れた。浦和は同37分、セットプレーのこぼれ球を拾った途中出場MF松尾佑介のボレーシュートが枠内に飛んだが、これも大迫の横っ飛びで弾き出された。

終盤は浦和が力強く攻め込んだが、広島も質の高いカウンター攻撃を繰り出し続け、そのままタイムアップ。浦和はACL前の第8節FC東京戦、ACL明けの前節柏戦に続き、3試合連続のスコアレスドローとなった。

(取材・文 竹内達也)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2022シーズンJリーグ特集ページ

●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加