小池知事、都心~臨海地下鉄は「世界から人と投資を呼び込む臨海エリアと都心を結ぶ背骨」

小池知事、都心~臨海地下鉄は「世界から人と投資を呼び込む臨海エリアと都心を結ぶ背骨」

  • トラベル Watch
  • 更新日:2022/11/25

2022年11月25日 実施

No image

小池百合子知事が「都心部・臨海地域地下鉄」構想について言及

東京都知事の小池百合子氏は11月25日、定例会見で「都心部・臨海地域地下鉄」構想について言及した。

小池知事は本路線について、「臨海部は大規模な開発が進んでおり、今後世界から人と投資を呼び込むポテンシャルを持つエリア。この地下鉄は都心部と臨海部をつなぐ基幹的なな交通基盤になり、言わば“背骨”としての役割を期待している。ベイエリアの鉄道網を充実させることで、東京を持続可能な都市にしていく」と説明。都は、事業化に向けて学識経験者・国が参加する検討会を設置して検討を進めており、今回事業計画案までまとまったという。

事業計画案での路線長は約6.1km。駅は「東京」「新銀座」「新築地」「勝どき」「晴海」「豊洲市場」「有明・東京ビッグサイト」(すべて仮称)の7か所。

知事は早期の事業化へ向けて、さらに検討を進めるとしている。

No image

路線イメージ

No image

停車駅(仮称)

編集部:松本俊哉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加