ヤクルト村上先制打の1点守り連敗止める、小川8勝目 阪神伊藤将司7敗目

ヤクルト村上先制打の1点守り連敗止める、小川8勝目 阪神伊藤将司7敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

ヤクルト対阪神 1回裏ヤクルト2死三塁、先制の適時打を放ちグータッチを交わす村上(撮影・垰建太)

<ヤクルト1-0阪神>◇15日◇神宮

ヤクルトは1回2死三塁から村上が左前適時打を放って先制。阪神は3回まで毎回先頭が出塁したが、得点につなげられなかった。

阪神は6回2死満塁の好機でサンズが左飛に倒れ逸機。ヤクルト先発の小川は6回まで5安打5奪三振の無失点と粘りの投球。

ヤクルトが1点リードを守り切り、連敗を2で止めた。小川は7月3日中日戦以来の白星で8勝目。阪神は伊藤将が7敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加