リブート版「ゴシップガール」主要キャラが明らかに 明かされた重要な“特徴”とは...

リブート版「ゴシップガール」主要キャラが明らかに 明かされた重要な“特徴”とは...

  • 映画.com
  • 更新日:2021/01/13
No image

前作から8年後、名門私立学校に通う新たなキャラクターたちのドラマが10話構成で展開 Photo by Jose Perez/Bauer-Griffin/GC Images/Getty Images

ストリーミングサービスHBO Maxで配信されるリブート版「ゴシップガール」に登場する主要キャラクターの名前とビジュアルが、公式Instagramアカウントで公開された。

オリジナル版「ゴシップガール」は、作家セシリー・フォン・ジーゲザーの同名ヤングアダルト小説が原作。米ニューヨーク・マンハッタンの高級住宅街アッパー・イースト・サイドを舞台に、ゴシップサイト「ゴシップガール」に翻ろうされる名門私立高校のティーンセレブたちを描いた青春ドラマ。2007~12年に米CWネットワークで放送され、若い女性を中心に世界で一大センセーションを巻き起こした。

リブート版では、前作の脚本家で制作総指揮のジョシュア・サフランジョシュ・シュワルツステファニー・サベージが再結集。前作から8年後、SNSをめぐる状況やニューヨークの街が大きく変わったなかで、名門私立学校に通う新たなキャラクターたちのドラマが10話構成で展開する。

このほど、同作のInstagramアカウントでは、主要キャラクターの写真とともに、それぞれの名前ともっとも重要な特徴を発表。主要キャラクターとなるのは、オードリー・ホープ(エミリー・アリン・リンド)、ゾーヤ・ロット(ホイットニー・ピーク)、ジュリアン・キャロウェイ(ジョーダン・アレクサンダー)、モネ・デ・ハーン(サバンナ・リー・スミス)、ルナ・ラ(ジオン・モレノ)、マックス・ウルフ(トーマス・ドハーティ)、ケイト・ケラー(タビ・ジェビンソン)、オットー・“オービー”・バーグマン4世(イーライ・ブラウン)、アケノ・“アキ”・メンジーズ(エバン・モック)の9人。いずれもフレッシュなキャストが顔をそろえた。

オードリーには「Grace(優美)」、ゾーヤには「Perspective(視点)」、ジュリアンには「Influence(影響)」、モネには「Power(パワー)」、ルナには「Style(スタイル)」、マックスには「Freedom(自由)」、ケイトには「Ambition(野心)」、オービーには「Privilege(特権)」、アキには「Innocence(無垢)」という言葉が添えられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加