西武山川9号含む今季初3安打!不振で居残り敢行「打ち方非常にいい」監督

西武山川9号含む今季初3安打!不振で居残り敢行「打ち方非常にいい」監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

西武対中日 5回裏西武無死一塁、山川(左)は左越え本塁打を放ちベンチ前でポーズを決める(撮影・鈴木正人)

<日本生命セ・パ交流戦:西武5-6中日>◇11日◇メットライフドーム

12打席無安打だった西武山川穂高内野手がが一発を含む今季初の3安打を記録した。

5点追う5回無死一塁で左翼席へ9号2ランを運んだ。7回には右中間二塁打。8回には左前打で、今季初めての猛打賞。前夜のDeNA戦後、積み荷のトラックを背に不振脱却のため居残り練習を敢行。試合は敗れたが辻監督は「打ち方が非常にいい。3つとも素晴らしかった。明日からつなげてほしい」と期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加