田中希実1500m4分11秒27で2位 200mでは君嶋愛梨沙23秒68 森岡大地20秒57w/中部実業団対抗

田中希実1500m4分11秒27で2位 200mでは君嶋愛梨沙23秒68 森岡大地20秒57w/中部実業団対抗

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/05/14
No image

第66回中部実業団対抗大会の初日が5月14日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、女子1500mには東京五輪8位の田中希実(豊田自動織機)が出場。大会記録(4分17秒48)を上回る4分11秒27で2位だった。

田中は同僚のヘレン・エカラレ、後藤夢とともに出場。前半は後藤が先頭に立ち、400mの通過は68秒。700mでエカラレが先頭に立つと、3位を走っていた田中は2位に上がって800mは2分17秒あたりで通過する。残り1周の鐘が鳴って田中がトップに立ち、1200mは3分25秒。そこからスピードを上げたが、残り150m付近でエカラレに逆転を許した。エカラレは外国人参考記録最高の4分09秒76で1位。3位の後藤も大会記録を上回る4分17秒02だった。

女子200mは、君嶋愛梨沙(土木管理総合)が自己ベストに0.02秒と迫る23秒68(+1.9)で優勝。2位には100mハードルが専門の紫村仁美(リタジャパン)が自己新の23秒83で入った。

男子200mは森岡大地(デンソー大安)が追い風参考の20秒57(+3.8)で優勝した。男子走高跳は赤松諒一(アワーズ)が2m24で制覇。タイムレースで行われた男子1500mは木村理来(愛三工業)3分50秒14で勝ち、2位は服部弾馬(トーエネック)が3分50秒32で続いた。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加