川崎競輪 郡司、内藤選手が1、2位 共同通信社杯で 〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

川崎競輪 郡司、内藤選手が1、2位 共同通信社杯で 〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

名古屋競輪場で9月19日に開催された共同通信社杯(GII)決勝戦で郡司浩平選手が優勝、内藤秀久選手が2位となり、川崎競輪場をホームバンクにする両選手が活躍をみせた。

大会は9月16日から行われ、郡司選手は4日間の完全優勝を果たした。同選手の賞金ランキングは5位に上昇し、競輪グランプリ出場に一歩近づいた。

結果を受け川崎競輪場関係者は「川崎の選手が大舞台で好成績を残せたことは、競輪場のムードも上がる」と喜んだ。

No image

郡司選手

No image

内藤選手

タウンニュース川崎区・幸区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加