数問のアンケートでクラスター推定、見込顧客を判別するサービス - オージス総研

数問のアンケートでクラスター推定、見込顧客を判別するサービス - オージス総研

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

オージス総研は11月24日、営業・販売の現場において手動で行われてきたアンケート調査などから顧客特性の判別や優先順位付けをAIで行う「AIツールによる見込顧客の判別支援サービス」の提供を開始した。

想定ユーザー層を対象としたアンケート調査とクラスター分析を事前に実施、現場での数問のアンケート調査でAIがクラスター推定を行い対応を提案するというもの。クラスター分析は、個別のデータからその関係性をグルーピングし分類する手法のことで、顧客層の特性や取り扱う商品構成、商圏の特性などの分析で利用されている。サービスを利用することで営業・販売の現場で、即座に個別の顧客対応が可能になる他、顧客の価値観やニーズ把握のシステム化による属人性の排除、アンケート調査や分析などの自動化による現場負担の軽減など複数の効果が期待できるとしている。同社では、アンケート等を活用し意識や価値観などを対象にグルーピングを行うクラスター分析に強みを持ち、30年以上の実績を持つ。

竹中貴一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加