ロッテドラ1松川、佐々木朗の相棒に立候補 仮契約「実感湧いてきた」

ロッテドラ1松川、佐々木朗の相棒に立候補 仮契約「実感湧いてきた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

雪見大福好きの松川に作られた特製パネルと「打てる捕手」と記した色紙を持つ、笑顔の松川

ロッテからドラフト1位指名を受けた松川虎生捕手(18)=市和歌山=が24日、和歌山市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円、年俸1300万円で仮契約を結んだ。「実感が湧いてきました」と目を輝かせながら、2つ年上の“怪物右腕”の相棒に立候補した。(金額は推定)

シーズン終盤やCSのロッテの試合をテレビ画面越しで見つめた松川。目を奪われたのは佐々木朗の投球だ。「テレビ越しでも“圧”を感じました。打者に的を絞らせずフォーク、スライダーと幅広い」と驚きを隠せない。そして「持ち味を引き出すのが役割なので、話し合いながらやっていきたいです」と、早くも“ドラ1バッテリー”でプレーする姿を思い描いた。

中学、高校とバッテリーを組んだDeNAドラフト1位・小園とは「日本シリーズで戦いたい」と頂上決戦での対決を熱望。「ここぞのワンプレーで打てるように」と“打てる捕手”へと成長し、1軍の大舞台で輝いてみせる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加