揺れるビットコイン相場に同志社大と明大は動かず 職業大が滑り出し好調(第2節)【暗号通貨バトル Aグループ】

揺れるビットコイン相場に同志社大と明大は動かず 職業大が滑り出し好調(第2節)【暗号通貨バトル Aグループ】

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/06/11

職業大学校のさっちんが、スタートダッシュを決めた。ビットコインに投資して2週連続のプラス。一方、同志社大学のしがないトレーダーさんが注目するのは、米テスラのCEO(最高経営責任者)、イーロン・マスク氏の動向。ビットコインの4万ドル超えを阻む、影響力の大きいツイートが気になるところ。

No image

「ひっそりとした値動きの1週間」で、こんな時こそ分析に力を注ぐという明治大学の城正人さん。今週も取引は見送ったが、来週の投資に向けて選んだ暗号通貨は......。

相場閑散期こそチャンス! 選んだ暗号通貨は......(明治大学 城正人さん)

今週(2021年5月31日)は特に大きなニュースもなく、ひっそりとした値動きの1週間でした。あまりボラティリティも高くなく、取引を繰り返しても手数料負けするリスクが高いと感じたため、今週も取引は行いませんでした。

しかし、相場があまり動かないからこそ、分析を行ういいチャンスです。

◆ 分散台帳技術のトリレンマ
ビットコインをはじめとした暗号通貨の持つ技術の一つに、「分散台帳技術(DLT)」があります。分散台帳技術とは、たくさんの人が同じ台帳(帳簿)を持ち合うことで、たとえ一つの帳簿が書き換えられてしまったとしても、それを指摘し合うことができるという技術です。暗号通貨の場合、インターネットを利用して世界中に帳簿が分散していますから、改ざんすることが極めて難しいというわけです。
この分散台帳技術には、「トリレンマ」があります。この事象についてはブロックチェーンのトリレンマとも呼ばれます。トリレンマとは、3つの条件のうち2つしか選ぶことができず、1つは諦めざるをえない状況をさします。Aの条件を選べばBの条件が成り立たなくなるジレンマに要素が一つ加わったものです。
分散台帳技術のトリレンマは、分権化、拡張性、セキュリティの3つです。

それでは、一つひとつの特性について解説していきます。

▶ 分権化
~メリット~
完全な非中央集権システムでは中央管理者が存在せず、内部不正は発生しない。悪意あるものが攻撃を仕掛けてきたとしてもシステムを破壊するのが困難である。また、物理的に運営者が世界中に散らばっていることで、災害などに対する耐性も高まります。
~デメリット~
非中央集権のシステムでは台帳に書き込んだ内容が正しいかどうかの検証を行う必要がある。この作業を行う際に多くの電力などの資源を使用することがある。
検証の作業を行うためブロック生成速度にも限界がある。

▶ 拡張可能性
~メリット~
ネットワークの処理速度向上、処理できるデータ量の増加、それに伴い更なるユースケースの増加が考えられる。
~デメリット~
世界中に分散されている台帳を常に同期させておく必要がある。しかし、処理を高速にしすぎると、高速な通信手段である光ファイバー通信を利用していたとしても、地理的な不公平が生じる恐れがある。また、処理を多くすると高性能な機器が必要となり参加へのハードルが上がる。

▶ セキュリティ
~メリット~
悪意あるものが攻撃を仕掛けてきても簡単には書き換えられない。非中央集権のシステムで唯一価値を保障してくれる手段。
~デメリット~
セキュリティを向上させるとブロック生成速度を落とす必要がある。また、処理可能なデータ量も限界がある。

これら3つのバランスをちょうど良く兼ね備えている通貨を見つける必要があります。

今回は投資する通貨を決定するために、時価総額の大きなものを比較してみました。

◆ 通貨ごとの比較
今回は私の利用している取引所の中でも時価総額が大きな銘柄のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)について比較してみました。

ここでは簡略化するために分権化を〇、×と表現しました。〇と表現したものでも細かく見ていくとマイナーが中国に集中していたり、×と表現したXRPも分権化を進める方向で改善する仕組みを導入していたりします。

◆ まとめ
今回は分散台帳技術の抱えるトリレンマを確認したいうえで、時価総額の大きな暗号通貨を比較しました。ブロック生成時間についてはETHの15秒が分散性、セキュリティを担保するための妥協点だと考えます。
1秒あたりの処理回数については通貨ごとに大きく差がありました。BTC、ETHについては今後さらなる決済等の需要増加を考慮すると少々心許ない数値です。しかし、サイドチェーンやLayer2などの技術を利用することで現状の問題点をある程度解決することは可能となっています。
したがって私の投資判断としては、秒速のトランザクション数は多くないものの、分権化されておりブロック生成速度も高速なETHを購入しようと思います。
目標とする取得価額は2000ドル~2500ドルです。来週このあたりの水準まで落ちてきたら投資をしたいと考えています。

◆児山将のワンポイントアドバイス
今週は、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として承認されるという歴史的な動きがありました。パラグアイやトンガも検討しているようで、こういった動きは週を追うごとに状況が変化するくらいのスピード感となっています。
さて、何秒トランザクションやブロックサイズを見れば、ビットコインよりもビットコインキャッシュやライトコインのほうが便利なのではないかと思いますよね。ただ、店舗決算はゼロ承認のためSuicaなどの電子マネーと変わらない状況です。また、ライトコインやビットコインキャッシュの店舗決済インフラは少なく、時価総額や流動性の面でもどうしてもビットコインに軍配が上がる状況となっています。
ビットコイン・イズ・キングと呼ばれているだけあり、この状況はしばらく続くのではないでしょうか。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
6月4日現在            1万円

明治大学 城正人(じょう まさと)

経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。

滑り出し好調 コツコツ稼ぐ(職業大学校 さっちん)

みなさん、おはようございます。さっちんです。

さて今回、暗号資産の取引結果は合計433円の利益となりました。経緯は、6月1日にビットコインが1BTC=408万円の時に9792円分を購入しました。420万円で指値しました。6月3日にすべて売却。1万80円になりました。288円の利益です。

6月5日、405万6900円で9737円分を購入。420万円で指値しました。しかし、そこまで上がる状況ではなかったので予定変更。411万7815円で売却。145円の利益となりました。

今のところ、うまく取引できていて良い滑り出しです。しかし、いつ落ちてもおかしくない状況なので、どこまで冷静に取引できるかの勝負かと思います。

現状370万円付近がボーダーラインかなと予想しています。370万円付近になったら、買わないで様子見した後に、反発すれば買います。反発しなければ買いません。反発すると20万円から30万円上昇するので、安定的に2~3%ほどの利益が出せています。

暗号資産には数十万円以上の上がり幅もありますが、さすがにそのような予想が立てられないので、確実に利益の出せるラインを狙って指値をしています。これ以上値段が上がるのではないかと欲が出ることで、昨年(2020年)は失敗したので、なるべく同じ失敗はしないように取引します!

では、また来週!

◆児山将のワンポイントアドバイス
下落相場の中で非常にうまく押し目買いを行っている様子が伝わります。自身の予想どおりにいかなければ、早々にポジションをクローズすることは、資産を守るうえで重要です。
相場は370万円を割り込んだ後に、およそ1日に元に戻り上昇している展開です。キッカケは、エルサルバドルの議会でビットコインを法定通貨とする旨が決まったことでした。
国際通貨機関が承認するのか、外為法的にはどうなるのか、非常にさまざまな問題があるものの、国がビットコインを主な決済手段として認めたことはビックチェンジといえます。
売買代金も10兆円から14兆円ほどに増加しており、今週相場が反転すれば、本格的な上昇となりそうですね。

前週からの損益    プラス433円
6月4日現在       1万740円

職業能力開発総合大学校 さっちん

職業能力開発総合大学校 電気専攻4年。どうも、おはようございます。2020年度も参加させていただきました。今年度は、みなさんが朝からフフッて笑える取引を目指していきたいと思います。応援のほどよろしくお願いします。

ビットコイン4万円の攻防を読む(同志社大学 しがないトレーダー)

◆ 今週の気になったニュース
「今週こそ、4万ドルの壁を破る!」と注目されていたビットコイン(BTC)だが、またもや一つのツイートが波紋を起こした。ビットコインが4万ドルに回復するかという上げ相場の重要な局面で、日本時間2021年6月4日10時7分、米テスラのイーロン・マスクCEOがツイートした。
内容は、ビットコインのハッシュタグと、ヒビの入ったハートの絵文字。また、米ロックバンド「リンキン・パーク」の人気曲「イン・ジ・エンド」に触れる画像も付けた。
イーロン・マスク氏のツイートは2020年頃から、ビットコインのマーケットを左右している。前回の大暴落も、彼のツイートが引き金となったと考えられている。このように注目されている中で、再びビットコインに関してツイートし、4万ドルを超えるか否かの局面で急落した。その後、下落した相場のチャートを見ながら泣く漫画の画像をツイートし、マーケットを混乱させている。
イーロン・マスク氏のツイートに対して多くの考察が飛び交っているが、批判的なものが多い。なぜなら、12億ドル相当のビットコインを大暴落時に売らないと宣言したうえで、マーケットを混乱させるツイートをしたからである。一部では、買い増すために意図的に価格を下げたと騒がれている。
どちらにせよ、改めてイーロン・マスク氏のツイートの影響力を再確認することができ、今後彼のツイートは十分に注意を払うべきだと感じた。また、意図的にしてないにしろ、価格操作まがいなことをしていることから、取り調べを受けてもおかしくないと思った。

◆ 今週の取引
前回の記事で、今ビットコインを買うのは「正気の沙汰でない」と述べたが、6月に入り、4万ドルに戻る動きがあったため、4万ドルまで回復すれば取引を始めようと考えていた。
順調に4万ドルに近づいていたが、イーロン・マスク氏のツイートにより急落。6月5日現在、少し戻す動きもあるが、まだまだ取引を始められる状況ではないと考える。そのため、今週も暗号通貨の取引をしていない。

◆ まとめ
今週のマーケットは、ビットコインの4万ドル回復に注目していたと考える。しかし、4万ドル到達間近の重要な局面でのイーロン・マスク氏のツイートにより、4万ドルを超えることはできなかった。
今回を機に、イーロン・マスク氏のツイートは、今まで以上に注目されることになるだろう。また、マーケットは再びビットコインの4万ドル回復に力を注ぐと考える。

◆児山将のワンポイントアドバイス
イーロン・マスク氏によるビットコインの売却を示唆するツイートは決定的でした。上場企業で、マイクロストラテジー社に次ぐ数千億規模のビットコインを保有している同社のCEOで、なおかつ、しばらく売却は行わない旨のツイートをしていたにもかかわらず、あっさりと手のひらを返したことになります。この動きには衝撃を受けた投資家も多く、相場は投げ売りが出たような下落を演じました。
その後は、仮想通貨市場の1日の売買代金はピーク時の30兆円台から10兆円割れまで下落するほど閑散となりました。
しかし、9日には中国青海省がマイニングを禁止するとの報道や、同国のインターネットで仮想通貨取引所が検索できなくなっていたり、ハッシュレートの急低下という悪材料が出てきたにもかかわらず、相場は反転しています。
売買代金も15兆円程度に回復してきており、底打ちの可能性が高いのかもしれません。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
6月4日現在           1万円

同志社大学 しがないトレーダー

同志社大学法学部2年。茶道部に入っており、趣味は読書と映画鑑賞。父親の影響もあり、幼いころから投資への関心が強く、2017年から暗号通貨市場に興味を持つ。夢は、積立投資で早期リタイヤし、やりたいことをして幸せに生きること。トレード自体は始めたばかりなので、初心者。半年間で暗号通貨を知り尽くすのが目標。

◆ 大学対抗 1万円からはじめる暗号通貨バトルのルール・元本は1万円です。・投資する暗号通貨の選定は自由です。ただし、国内で購入できる暗号通貨に限ります。・レバレッジは、かけられません。・20%を超えて下げた場合は、強制的に取引を停止(ロスカット)します。・元本割れは1回まで。リベンジ(再投資)可能ですが、2度、資産(合計で2万円分)を失った場合は、その時点でリタイアとなります。・順位は、11月26日時点の運用損益で決めます。

学生投資連合USIC

「学生の金融リテラシー向上」を理念に全国26大学1000人以上で構成。企業団体・官公庁との勉強会の開催、IRコンテストの運営、金融情報誌「SPOCK」を発行する。
http://usic2008.com/

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加