「大奥」堀田真由の演技に「鳥肌立った」 壮絶な過去抱える「家光」に「号泣」

「大奥」堀田真由の演技に「鳥肌立った」 壮絶な過去抱える「家光」に「号泣」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2023/01/25

1月24日(2023年)放送の「大奥 三代将軍家光・万里小路有功編」(NHK総合)で、徳川家光役の堀田真由さんの演技に、SNSなどで視聴者から絶賛の声が上がった。(ネタバレあり)

No image

家光が可愛がっていた猫の若紫が死んでいるのが見つかった。家光は角南重郷(田中幸太朗さん)を犯人と見て斬りかかろうとしたが、万里小路有功(までのこうじ・ありこと、福士蒼汰さん)に「この者を斬っても若紫は戻りませぬ。しかも人を斬れば人を斬った痛みがその御身のうちに残るだけでございましょう」と制される。

「私は世のために何もかも捧げておるのじゃ!」

有功は若紫を弔うとして家光を呼び出し、手を合わせて経を唱えることで心を落ち着けようと促すが、家光は

「きれい事じゃ!経で救われるなど幸せな者の戯言よ。心落ち着く間もなく辛いことばかり起こる者はどうすればよいのだ。めそめそと経など唱えている暇があったらかたきを取ったほうがよい。その方がよほど心が晴れる!」

と反発する。

家光が鬱憤を晴らすために若い娘の髪を切っていることを咎められると、

「私には父はおらぬ。おったらしいが会ったこともない!上様となるべく母も取り上げられた。わけもわからず髪を切られ名を取り上げられ女のなりも取り上げられ、にもかかわらず女の腹だけは貸せという。腹の内ではわしを馬鹿にしておる者たちに襲われ子をなせという。徳川のために、太平の世のために、私は世のために何もかも捧げておるのじゃ!髪くらい切って何が悪い!」

と取り乱した。

有功は

「甘えてるんやない。人はみんなどうにもならん運命を受け入れながら生きてるんや。あなただけやない!私かてそうや。何も好きでこんなとこ来たんやない!自分だけが辛い思いをしてるとお思いやったら、それは大間違いや!」

と家光をたしなめる。家光は「部屋にて沙汰を待て。わしに差し出口をききおって」と言い捨ててその場を去っていった。

「千恵様」と呼びかけられ声を上げて泣く

その夜、稲葉正勝(眞島秀和さん)が短刀を持って有功の部屋を訪れる。正勝は「春日様(春日局、斉藤由貴さん)より、冥土の土産に上様の真を話してやるが良いと」として、家光は先の家光が辻斬りをした高ぶりのついでに近場にいた女を手ごめにしてできた子だったこと。先の家光が死に、無理やり連れて来られ「上様」にされたこと。大奥の外に逃げ出したところで男に襲われ、春日局と正勝が駆け付けた時には「この者は上様の体に傷を付けた!殺されて当然であろう!」とその男に刀を振り下ろしていたことを伝えた。

むしゃくしゃした家光は、切った娘たちの髪を御中臈(おちゅうろう)の男たちに着けさせ、女装させ踊らせて辱めていた。笑いながら、有功の姿を思い出して泣いている家光のもとに、女装した有功がやって来る。有功の女装を「似合わぬ」と言った家光に、有功は「そうですか。実は私もそう思うておりまして」と言い、自分が羽織っていた着物を家光にかけた。

有功が「ほら、上様の方が、よほどお似合いにございます。千恵様」と、家光の本当の名前で呼びかけると、家光は大声を上げて泣きながら、しがみつくように抱きついたのだった。

壮絶な過去を抱える家光を見事に演じた堀田さんに、ツイッターなどでは

「笑いから号泣に変わる堀田真由さんの演技に鳥肌立った」「普段の真由ちゃんからは想像もできないお芝居!感情が伝わりすぎて苦しいぐらい」「堀田真由さん 本当に素敵な千恵様でした 号泣してしまった」

と賛辞が送られた。

(TT)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加