早大と法大のドラ1左腕がKO...楽天・早川vsロッテ・鈴木は痛み分け

早大と法大のドラ1左腕がKO...楽天・早川vsロッテ・鈴木は痛み分け

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇パ・リーグ 楽天5―6ロッテ(2021年5月2日 楽天生命)

No image

<楽・ロ>6回1死一、二塁、レアードに3ランを打たれ降板となった早川(撮影・篠原 岳夫)

ドラ1左腕対決は痛み分けに終わった。楽天・早川は2点リードの6回にレアードに逆転3ランを浴びるなど5回1/3を5失点。ロッテ・鈴木は5回途中4失点で先に降板していただけに白星を挙げたかったが「打たれ過ぎた。次回までにしっかり反省して修正したい」と唇をかんだ。

昨年10月3日の東京六大学秋季リーグ戦で早川は早大の、鈴木は法大のエースとして投げ合って以来の先発対決。鈴木は早川の外れ1位で入団するなど縁は深い。ともに黒星は付かなかったが、今後も投げ合う際は注目を集めそうだ。

試合は5―5の9回に開幕から14試合連続無失点中だった抑えの松井が決勝弾を浴びて2分けを挟む連勝は4でストップ。4月21日以来、11日ぶりの黒星となったが石井監督は「チームとしてしっかりとした戦いはできている」と前を向いた。

▼ロッテ・鈴木(4回2/3を7安打4失点)短いイニングでマウンドを降りてしまったのでリリーフの方に申し訳ない。失投が多く自分のボールが投げられず悔しいです。反省して次に生かしたいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加