フルーツ以外全て自家製!コマグラ カフェ「プラムとさくらんぼのパフェ」発売中

フルーツ以外全て自家製!コマグラ カフェ「プラムとさくらんぼのパフェ」発売中

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2021/06/11
No image

吉祥寺東急裏3階にある「コマグラ カフェ」に、新しい“季節のパフェ”が登場!6月3日(木)より、旬のプラムとさくらんぼ、そこに自家製のミルクアイスやジャムを加えた「プラムとさくらんぼのパフェ」が発売中だ。

“ごちゃまぜ”がコンセプト

No image

吉祥寺にて30年以上前から営業をしていた、和風ダイニングバー「こまぐら」を引き継ぎ、リニューアルしてから約5年経った「コマグラ カフェ」。

No image

リニューアルのコンセプトは“ごちゃまぜ”だ。同じ場所に、前からの「こまぐら」、そして新しい「コマグラ カフェ」と、いろいろなものが混ざり合い心地よい空間が生まれている。

こだわりの季節限定パフェ

同店では、定番メニューとして季節のフルーツごとに1つのパフェを販売しており、これまで約20種類のパフェを作ってきた。

No image

なかでも今回発売の「プラムとさくらんぼのパフェ」は、販売期間が短いながらも人気の高いパフェとなっている。同商品は、フルーツの酸味とアイスやジャムの甘味がバランスよく、最後にカモミールの香りを感じる一品だ。

No image

フルーツ以外は全て自家製という、こだわりのパフェを堪能しよう。

価格は¥1,200(税込)。販売期間は6月末までを予定しているが、フルーツの仕入れにより変動する。

感染予防対策

「コマグラ カフェ」では、昨年からのコロナ禍で、定休日を設けての時短営業や、メニューを絞り営業を続けている。また、スタッフのマスク着用をはじめ、店内換気、飛沫パネルを設置するなど感染予防対策を実施中。なお、3人以上の入店は受け付けていない。

季節を味わいに「コマグラ カフェ」へ立ち寄ってみては。

■「コマグラ カフェ」
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-28大住ビル3F

Kusaba

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加