2時間半超えの末に逆転勝ち

2時間半超えの末に逆転勝ち

  • tennis365
  • 更新日:2020/10/16
No image

ベスト8進出を果たしたルブレフ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、室内ハード、ATP500)は15日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのA・ルブレフ(ロシア)が世界ランク38位のU・アンベール(フランス)を4-6, 6-4, 7-5の逆転で下し、ベスト8進出を果たした。

>>YouTube 東京国際大学テニス部に潜入! 灼熱の炎天下で選手と対決<<

13日に発表された世界ランクで初のトップ10入りを果たした22歳のルブレフはこの日、ファーストサービスが入ったときに89パーセントと高い確率でポイントを獲得。第1セットを取られるも、その後3度のブレークに成功し2時間13分の熱戦を制した。

準々決勝では世界ランク75位のC・ノリー(イギリス)と対戦する。ノリーは2回戦で同41位のM・キツマノビッチ(セルビア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第4シードのK・ハチャノフ(ロシア)、第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第7シードのB・チョリッチ(クロアチア)、世界ランク36位のR・オペルカ(アメリカ)が8強入りした。

11月15日には最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)開催予定で、現在6人の出場が確定している。同大会初出場を狙うルブレフは現在3,009ポイントで世界ランク10位。同9位のベレッティーニは3,075ポイントで、昨年の同大会で獲得した200ポイントを11月9日に失うことが決まっている。

現在最終戦への出場が確定しているのはN・ジョコビッチ(セルビア)R・ナダル(スペイン)D・ティーム(オーストリア)D・メドヴェデフ(ロシア)S・チチパス(ギリシャ)A・ズベレフ(ドイツ)。世界ランク4位のR・フェデラー(スイス)は今季の終了を発表しており、同8位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)を筆頭に出場権獲得争いが行われている。

[PR]「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加