時代が一周した? レトロデザインかつレガシー規格に対応したディスプレイが出資募集中【やじうまWatch】

時代が一周した? レトロデザインかつレガシー規格に対応したディスプレイが出資募集中【やじうまWatch】

  • INTERNET Watch
  • 更新日:2022/11/25

レトロデザインを採用し、なおかつ今では絶滅した数々のレガシー規格に対応した19型ディスプレイがKickstarterに登場して話題になっている。

Checkmate社が開発中のこの19型ディスプレイは、今や骨董品となりつつある4:3の画面比率に対応するほか、筐体色にアイボリーを採用することで、レトロなPCやゲーム機と組み合わせたときの違和感の解消を狙った製品。CRTディスプレイでこそないものの、わざと奥行きがある筐体デザインを採用しており、90年代のピザボックス型のPCとの相性は抜群だ。面白いのはRaspberryなどを内蔵して一体型PCとして運用できる拡張性を備えている一方で、PAL方式に多い5:4の画面比率や15kHzビデオモード、さらにはコンポーネント入力やコンポジット入力にも対応していること。古いPCやゲーム機を使おうにも対応ディスプレイがなくあきらめていたユーザーにとっては、救世主となるかもしれない存在だ。Kickstarterでは即目標達成……とはいかなかったもののじわじわと出資が伸びつつあり、今後の展開に注目だ。

Retro Styled Modular IPS Display for old and new systems by Stephen Jones(Kickstarter)
https://www.kickstarter.com/projects/checkmate1500mini/retro-styled-modular-ips-display-for-old-and-new-systems/

tks24

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加