武藤俊憲は予選落ちでシード喪失 「今年は自分でも悪い所を把握できていなかった」/国内男子

武藤俊憲は予選落ちでシード喪失 「今年は自分でも悪い所を把握できていなかった」/国内男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

ティーショットを放つ武藤俊憲(撮影・甘利慈)

カシオワールドオープン第2日(25日、Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)賞金ランク75位で臨んだ武藤俊憲(44)=フリー67で回ったが予選落ち。賞金シード獲得圏内の同70位には入れず「今年は自分でも悪い所を把握できていなかった」と肩を落とした。

昨季14年間所持した賞金シードを失い、今季は2019年ツアー優勝者の資格で出場。この後は12月6日からのファイナルQT(最終予選会)に参戦。「これで終わりじゃない」と前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加