天然ワカメinアイスもなか誕生、甘じょっぱい味 フグとサザエの形、海のまち福井県高浜町産

天然ワカメinアイスもなか誕生、甘じょっぱい味 フグとサザエの形、海のまち福井県高浜町産

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2021/10/14
No image

かわいらしいフグやサザエの形のワカメアイスもなか=福井県の高浜町まちなか交流館

福井県高浜町の天然ワカメを混ぜ込んだアイスもなかが誕生した。かわいらしいフグとサザエの形の2種類で、ワカメの塩気とアイスの甘味が生み出す甘じょっぱい味わいが特徴。開発した町まちなか交流館(同町三明)は「漁業のまち高浜をPRする新名物になれば」としている。

町内で漁業の担い手が減少する中、応援につながればと考えたのがきっかけ。近くにシーフードマーケット「UMIKARA(うみから)」(同町塩土)がオープンし、来町者が増えることが予想され、食べ歩きできるものをと思いついた。

地元漁師から買い取った天然ワカメを天日干しして粉末にし、バニラアイスに混ぜ込んだ。ワカメが口の中に残りすぎないよう粉の粗さにこだわり、くどすぎないよう塩加減も調節した。海のまちならではのデザインにしようと、丸々と太ったフグとサザエの形状のもなかにし、8月から同館で販売している。

フグのもなかは250円、サザエは150円。このほか要予約でワカメご飯も150円で提供している。

同館管理者の浅野容子さん(45)は「子どもの頃はそこら中でワカメが干され、潮の香りに満ちていた。高浜ならではの味を楽しんでほしい」と話している。平日の午前10時~午後5時開館。ワカメご飯はLINEアプリで同館のアカウントを登録し予約する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加