佐和・黒田「実力不足」敗戦もスカウトは評価/茨城

佐和・黒田「実力不足」敗戦もスカウトは評価/茨城

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

水戸啓明対佐和 5回を投げ5安打4三振の佐和のエース・黒田(撮影・保坂淑子)

<高校野球茨城県大会:水戸啓明7-5佐和>◇1日◇4回戦◇ノーブルホームスタジアム水戸

プロも注目する佐和のエース・黒田晃大投手(3年)が水戸啓明に敗れた。

初回、1球ごとに「ヨッシャー」と雄たけびを上げながら、力のこもった真っすぐを投げ込んだ。3人目の打者へ投げ込んだ3球目は自己最速を3キロ上回る145キロを計測。その後も帽子を飛ばしながら力投したが、初回に1点。2回には連打を浴び1失点。5回を投げ5安打4三振2失点。6回からは三塁の守備についた。

黒田は「調子は悪くありませんでした。でも、今日は真っすぐとスライダーが抜けてしまって失点した。変化球もストライクが入らなくて苦しみました。実力不足です」と肩を落とした。

今後の進路については「将来的にはプロに行きたい。勝てる投手になりたいです」と話した。

視察した中日の小山良男スカウトは「真っすぐの強さ、変化球もタテ、ヨコある。いいものをもっています。体ができてきたら、おもしろい」と評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加