オリックス・バレラが打席途中で負傷交代も三振 代打の佐野如が“初球”空振りで

オリックス・バレラが打席途中で負傷交代も三振 代打の佐野如が“初球”空振りで

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

6回、バレラは空振りの三振に倒れる(撮影・坂部計介)

「オリックス1-4ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

オリックスのブレイビック・バレラ内野手が、九回1死のカウント2-2から負傷交代した。

カウント2-1から、スイングした際に右手首付近に痛みを覚えた。そのまま、ベンチに退き、代打は佐野如がコールされた。

結局、佐野如は“初球”の直球にバットが空を切った。ただ、記録はバレラの空振り三振に。野球規則により、2ストライクから交代した場合の三振は、交代前の打者に三振の記録がつくこととなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加