小島瑠璃子『キングダム』原泰久氏との破局も“ネタ”にするプロ根性で再びひっぱりだこ?

小島瑠璃子『キングダム』原泰久氏との破局も“ネタ”にするプロ根性で再びひっぱりだこ?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/07/21
No image

人気マンガ『キングダム』の作者・原泰久氏との破局が明らかになったタレント・小島瑠璃子の婚前交渉発言が話題となっている。

2人は2019年1月に放送された『世界ふしぎ発見!』(TBS系)での対談をキッカケに親交を深め、20年7月に福岡市内にある原氏のマンションでの“連泊愛”を「週刊ポスト」(小学館)に報じられ、小島本人がラジオ番組で原氏との交際を認めたことで“真剣交際”と認知されていた。

その一方で、当時の原氏が妻と3人の子供との離婚を発表して間もなかったこと、2人の交際が明るみになった後、「週刊文春」(文藝春秋)が原氏に小島との交際直前まで元アイドルの彼女がいたことなどを報じたことで両者の関係に注目が集まった。

それでも、小島は今年3月31日に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)ではMCの明石家さんまさんから原氏との交際について振られると、笑顔で「幸せに……」と順調ぶりをアピールしていたのだが、今月になってスポーツニッポンが2人の破局を報道。理由として福岡を拠点とする原氏との遠距離恋愛によるすれ違い、19歳差という年齢差からくる価値観や考え方の違いと伝えた。

大手芸能事務所のマネジャーは語る。

「現在27歳の小島さんはかつて、30歳までには結婚したいと話していました。そして本人的には原氏との交際は結婚を前提としたものだったのでしょう。それゆえに仕事が多忙の中、わざわざ福岡県まで会いに行っていたわけです。ただ、原氏の方は離婚して間もないし、まだまだ遊びたい気持ちもあったのか、そこまで結婚には積極的ではなかったという話で、結果破局となったそうです」

そうした中、小島は7月6日深夜に放送された関西テレビ『グータンヌーボ2』で原氏との破局を認めて、「今はほんとにスッキリしてるかもしれないです。前の彼とお別れしたばっかりで、久しぶりにフリーなんで」とコメント。さらに、MCの長谷川京子から「付き合う前に(セックスを)致すか致さないか」を問われると、「付き合う前に、致しますね。致さないと付き合えないですね」と答えて、「致し終わった後のテンポ感とか、合うとか合わないとかありません?」と明かして物議を醸した。

小島といえば、過去に結果的にとはいえ筋トレ男子をディスる発言で炎上するなど不用意な発言でも知られており、今回の“婚前交渉発言”も思わず口が滑ったと見る向きもあるが、実際は異なるようだ。

「そこは人気タレントだけに破局という私生活でのネガティブな話題も、せめてタレント活動に活かしたいという思いもあるのではないでしょうか。サバサバと婚前交渉発言などをすることで破局にもめげず前向きに生きる強い女性像をアピールし、これまであまり支持を得られていかなった女性層の支持アップを狙っているフシはあります。今回発言したのが女性視聴者のウケが良い番組である『グータンヌーボ2』というのも、いかにもといった感じがします」(前出のマネジャー)

失恋をバネにタレントとしてさらなる飛躍を遂げることはできるのか!?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加