医師役の高畑充希、医療従事者を目指す学生らとリモート交流

医師役の高畑充希、医療従事者を目指す学生らとリモート交流

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/13
No image

今月21日にテレビ朝日系でスタートする木曜ドラマ「にじいろカルテ」(午後9時)に出演する女優の高畑充希(29)、俳優の北村匠海(23)、井浦新(46)が12日、医療従事者を目指す学生や元医療従事者とのリモート交流会を行った。

同作は、山奥にぽつんとたたずむ診療所を舞台にしたヒューマンドラマ。高畑はぽんこつドクターの紅野真空(くれの・まそら)、井浦はヘンテコな外科医・浅黄朔(あさぎ・さく)、北村は看護師・蒼山太陽を演じる。

交流会では、参加者からの質問コーナーも。「印象深いセリフは?」との問いに、高畑が「雨が降らないと虹はかからない」というセリフを挙げ、「ドラマ内に何度か出てくるのですが、大変な時って、いっぱいいっぱいになっちゃうけど、それがないと虹は見られなかったりする…。見てくださった皆さんも、人生で“雨”の時も『“虹”のために頑張ろう!』と思ってもらえたら最高です」と語りかけた。

現在、医療従事者が新型コロナウイルスと戦う最前線にいることを踏まえ、北村は「我々は医療従事者の皆さんに感謝する毎日ですが、そういった方々のことを今一度思い出す時間が生まれるのではないか、と思っています」と同ドラマに対する思いを吐露。

井浦も「ドラマをやって自分が感じたのは、医療従事者もみんなと同じ人であって、疲れる時もあれば、弱音を吐きたくなる時もあるということ。ですから皆さん、どうか、頑張りすぎないでください。自分の心と体もいたわって欲しい」と思いやった。

高畑は「医療従事者の方々は正義感が強い方が多いでしょうし、患者さんから『助けて』と言われることが多く、気付いた時には自分自身いっぱいいっぱいになっていた…ということもあるんじゃないかな」とし、「週に一度このドラマを見て、ロケーションがすごくキレイなので、日々の疲れを癒やしていただけるとうれしいです」と言い、エールを込めて拍手を送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加